お会計問題・女性編~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

涼しくなってきて美味しいものに手が伸びてしまう10月、
ダイエットは一生のテーマですが、どんな体型でも自分のことは好きでいたいですね。
成婚カウンセラーの齊藤です。

素敵なレストランに気軽にお食事デートに行ける日はいつ来るんでしょう。
1日も早くそうなって欲しいですね。

お食事デートにはつきものなのが、お会計問題です。
当ブログでも取り上げてきたテーマですが、
もちろん、基本的には男性にごちそうしていただきたいですし、
その方が嬉しいという女性が多数派だと思います。

なのですが、
ごちそうされるのが、嫌だという女性にも時々お目にかかります。

詳しくお話しを聞くと、
「おごられたくない。」
という気持ちの裏側では
なんだか対等じゃなくなる...ということもありますが、
「断りにくくなる。」
ことを、心配されている場合も多いです。

できればおごりたくない派の男性の皆さん。
「私も払います!」と言って払ってくれる女性っていいなあと思うかもしれませんが、
その女性はあなたを断りたい可能性も十分にあります...。

できれば、男性には
「一緒に食事してくれてありがとう!
「あなたのことをいいと思っているから楽しんで欲しい喜んで欲しい!
という気持ちで、初回のデートはごちそうしていただけたらと思いますし、
女性も、ごちそうしてくれると男性が言ったなら
せっかくの好意だと素直に受けとって、喜んで欲しいです。

喜んで欲しい!」
と思って相手のためにお金を使える男性は
やっぱり結婚向きです。
現実には家計の問題があって、
いつもいつもお金を使えるわけじゃないけれど、
できることなら家族を喜ばせることにお金を惜しみたくない!
と感じている夫・お父さんって愛を感じますよね。

お金を払えば愛があるわけではもちろんないんですが、
「君にお金を使うのは惜しい!もったいない!
という気持ちに愛があるって言えるでしょうか...?

ごちそうされることを負担に思うのは、女性の誠実な気持ちの裏返しでもあります。
お菓子などのプチギフトを持ってお見合いやデートに行き、
女性からも
「一緒にお食事してくれてありがとう!
「今日は気を使ってくれて、喜ばせようとしてくれてありがとう!
という気持ちを込めてお渡しするのはいいことだと思います。

2回目、3回目とデートが進むなら、
女性も払って欲しいです。
(もちろん多くの女性がそうされていると思いますが)

ワリカンが格好悪いと思うなら、
食事代は男性、レジャー代やカフェ代は女性が負担してみてください。

日本の女性の平均賃金は、男性の7割に留まっているという報告もありますし、
女性が男性にごちそうするのも普通、という時代が来るまではまだ時間がかかると思います。
でも、結婚相手を探しているのなら、
協力し合う姿勢は必要ですよね。

デートのたびに「私も払うよ!」
と笑顔で言う女性の方が、やっぱり成婚は早いです。

結局お金か!
と思うかもしれませんが、そうではないんです。

2人で力を合わせて楽しい空間・時間を作ろう

という気持ちが大切なんですよね。

素敵なデートをしましょう!
応援しています!

695FBED8-828F-430A-AB6C-E4C3A69F68AA.jpeg


ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

PageTop