成婚できる人が持っている4つの力とは~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

こんにちは!
最近老眼との闘いが本格化しているチーフカウンセラーの弘平谷です。
(とりわけスマホの文字が読めないのはマジでキツい)

ってそんな老体にムチ打つ私をよそにここ最近はご成婚者さんラッシュ!!
ひとりの会員さんがめでたくご卒業されていくたびに、おのずと仕事へのHPが上がるのを感じます。それでまた結果的に生き延びてる感じですよ、いと有難し。

それはそうと、ご成婚者さんと話していて、よく感じるのは彼ら彼女らにはすべて共通の「力」があるということです。
婚活における大事な力のことですね。
今回はそれを4つにまとめてお伝えしてゆきたいと思います。


★逆算力★
簡単に言うと、「成婚」という目標達成に向けて逆算思考で動く力のことです。
自分で設定したゴールに向けてただやみくもに活動するのではなく、期間を逆算して自分自身できちんとゴールを設定し、〇カ月後には仮交際の方を3人作る、〇カ月後にはそのうち一人本命と真剣交際に移る、〇カ月後にはプロポーズされる。
そう明確に逆算してゆく力がある人は、結果的にご成婚が早いイメージです。

次に、
★選ぶ力★
これを簡潔に言うと、「自分に合う異性を見極める力」のことです。
婚活においては捨てることを決めることが大事です。
捨てる、というのは自分の中でなんとなく異性に対しこだわっている部分、そのこだわり、果たして本当に私(僕)にとって大事なもの?譲れないもの?ってことを改めて考えることができる柔軟性があるかどうかということですね。
婚活を始めた当初は、皆さん漠然と「こんなお相手がいい」という理想がありますね。
でもプロフィール上ではそこをちゃんとクリアしているお相手でも、実際に交際が始まると「あれ?なんか違う」と思うこと、正直結構ありますよね?
その「なんか違う」と思ったところを補える人が、あなたの本当に合ったお相手なのです。
そしてそれはプロフィール上では一見分からないことです。
なので私たちはプロフィールの検索ですぐに切ってしまうことをせず、まずはご縁を大事にしてみてお申し受けは前向きに検討してみようね、理想とは違うけどまぁ悪くないかも?な方とも大切にお見合いで向き合ってみようよって常日頃お話するわけです。

次に、
★選ばれる力★
自分に合う異性から選ばれる力、のことです。
これをできてない人がかなり多い印象です。

まずはご自身の見た目にフォーカスしたほうがいいのに...って方が、そこは問題視せずににやたらコミュ力を強化しようとしていたり。
はたまたその逆パターンで、コミュ力や愛される雰囲気が足りないから真剣交際に進めないのに、なぜか外見ばかり磨こうと頑張っていたり。
或いはあきらかに自分とは合わないタイプの異性を追いかけていることが問題なのに、そこを意識せずに無理めな異性を振り向かせることばかり執着してしまったり。

方向性を間違えると、婚活は沼に陥ることが多いのです。
視点を変えて、本当にその無理めな異性があなたにとっての最適解なのか、もう一度よく検証する必要がありますね。


最後に、
★継続力★
簡単に言うと、感情に左右されることなく、行動し続ける力のことです。
みんなの成婚談を読んでいて「なんでこんなに早いの?もしかして活動が行き詰まっているの私だけ?」みたいな気持ちになることは誰しもがあります。
ですが実際、ご成婚者さんの中には必ずしも短期間でご卒業されていく方ばかりではありません。
でもそういった方々に共通するのは「休会しない、腐らない、コツコツと続ける」というブレない結婚への気持ちがあるということです。
もちろん、皆さん「もう休会したい」と思うことは必ずと言っていいほどやってきます。
でもそのつらい時期を乗り越えた方には、ちゃんとご褒美が待っているのです。

いかがでしたでしょうか?
自分の弱みと強みを知って、自分の魅せ方を上手に活用するには上記の力が必要となってきます。
これらの力をつけて、たっぷりと栄養と睡眠をとる!!

現場からは以上です!

~婚活は楽しみながら、時に軌道修正しながらがポイントです~


kirus.jpg

☆朝にフルーツを必ず3種類食べるのを15年以上つづけている私は、肌が人より少し若いと言われます。最近はこの美容液を数年間愛用しています。朝晩肌にビタミンCを直に投入している実感があり、とても気に入ってます。キールズ ライン コンセントレート


ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

正しくなれなくても夫婦にはなれる!~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

秋も終わろうとしています。あっという間ですね!
先日、童謡「赤とんぼ」(♪夕焼け小焼けの赤とんぼ負われてみたのはいつの日か〜♪というあれです。)を口ずさんでいて、
あれ、これって3番の歌詞に出てくる、15歳でお嫁に行った「ねえや」(子守の女性)への懐かしさを歌った歌だったんだ!!と気づいて、切なくなりました。
成婚カウンセラーの齊藤です。

私が結婚したばかりの頃、
お掃除は最低2日に1回、という決まりを守ろうとして、守りきれなかったことがありました。

お掃除は毎日が理想。
でも、それが無理なら週に2〜3回、というのが衛生面から考えていいそうですね。

私の母は共働きでしたが、2日に1回は必ずお掃除をしていたので、
結婚したからには、私も最低でもそのくらいはやらなくてはと思っていました。

でも、当時身体の具合があまりよくなかった私には、
2日に一回のお掃除がとても負担になっていきました。
帰宅してからは疲れ切ってしまって、ご飯の支度で精一杯。
朝あと15分早く起きてお掃除をすることがどうしてもできない。
たった15分ができない自分を責めて、私はイライラするようになりました。

みかねて夫は
「お母さんはお母さん、君は君でしょ。掃除はできる時に2人で一緒にやればいいじゃない。」
と私にきつく言いました。

衛生面では週に2、3回は掃除しなくちゃいけない、
みんなそのくらいやっている、
母もやっていた、
という正しい一般論に縛られて、できない自分を責めて、私は自己嫌悪に苦しんでいました。

批判を承知で書きますが、無理をした綺麗な部屋に住んでいても、
夫婦2人が幸せでなければ、やっぱり意味がないと思うんです。

無理をして綺麗なお部屋をキープしていると、
ちょっと汚れただけでも、「また掃除しなければならない!」と
怒りが湧いてきてしまいます。

いつもイライラ、すぐ怒り出すパートナーとの生活、いやですよね。

「普通」のことを、お相手がしてくれないと、
価値観の違いだと思って、お断りしてしまう。
「当然」と思っていることに自分が当てはまらないと、
自分を責めて、婚活疲れをおこしてしまう。

婚活中、よくあることだと思います。

いいなと思ってくれてるなら、男性がおごるでしょ、普通。
女の子なら、美味しい家庭料理くらい作れないと。
LINEが素っ気ないってことは、気がないってことだよね。
お見合いにデニムで来るなんておかしい。
痩せてなきゃ、普通は選ばれないよね。
男は年収がないと選ばれないんだ...


一般論が、自分にも当てはまる真実だと思い込んで、
自分自身やお見合い相手、交際相手をジャッジしてしまっていませんか?

パートナーシップにおいて、「正しさ」は役に立たないと言い切ってしまってもいいくらいだと、私は思っています。

人が聞いたらびっくりするようなことでも、2人が納得しているなら問題ないのです。
誰に迷惑をかけることでもありません。


「普通はこうでしょ」という正義はいったんおさめて、
お相手にはどんな考え・気持ちがあるのかよく聞いてみましょう。
自分はどうしてそこにこだわってしまうのかも、よく考えてみてください。


お相手が苦痛に感じていることを、強要していないか、
「常識」「普通」「当然」などの言葉で、自分の思い込みや期待を
自分にも、お相手にも押し付けていないか。

「普通はこうするでしょう!」とお相手に言いたくなった時は、
自分の思い込みを変えるチャンスかもしれません。


「赤とんぼ」の作詞家さんが子供だった頃は、女性が10代でお嫁に行くのも一般的だったかもしれません。
「早く結婚して、両親に孫の顔を見せてやれ。」なんて言葉が、
あたたかい、良いアドバイスだと、本気で多くの人が信じていた時代もありました。

一般論は、とても流動的であやふやなものです。
「正しさ」なんて、立場によって変わってしまうものなんです。

そんなものに、幸せの邪魔をさせておいていいですか?
何もかもがぴったり合う人はいません。
結婚の幸せは2人で作るもの。
「自分は正しい」
ではなくて
「これは2人の幸せにとって必要なことか?」
を考えてみませんか?

私も日々、練習です。
一緒に練習してくださる方が、もし、1人でもいたらとても嬉しいです!
幸せになりましょうね!


E3C18605-D778-4854-8AF1-FB0E3923C048.jpeg

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

婚活ブログ、アメブロとかとか~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

こんばんは!
実は婚活系アメブロとか大好きですチーフカウンセラーの弘平谷です。

突然ですけれど、婚活中の皆さん、アメブロとかTwitterの婚活中の方のツィート、もしくは結婚相談所さんのブログって参考にされている方は結構多いんじゃないでしょうか?

実はね、私一年ほど前までアメブロで「おさる」って名前で自分の再婚活で出会った男性とかのことを備忘録として記事にして、ブロガーやってたんですよね。
いつのまにかそれがバズり始め、アメトピにもしょっちゅう取り上げられるようになった結果、一日のレビュー数が多いときは3万人とか超えてました。
(これ言ったら思い出してくれる稀有な方もいるかもしれないですね...おさるって名前がまずふざけてるし。始めたときは自分の日記くらいに考えてたから。もっとこう、凛香とかそういう名前にしとけばよかったですよね。それこそ成婚退会された女性会員さんには入会面談で、「もしかしておさるさんでは...」と聞かれたことがあります。あの時はごめんなさい。「いいえ、人間です♪」と答えてお互い暗黙の了解でスルーしたことをここに深くお詫び申し上げます。)

あの頃は某仲人Nさんとかにもバツイチ子持ちアラフォー(ほんとはアラフィフだけどそこはご愛敬)の成功事例として取り上げていただいたりですとか、楽しかったです。

でも、思うんですよ。いまは。
なんでわざわざ結婚相談所で働いているのを隠して、男性陣のことをなんなら毎回面白くディスったりとかして、本当に、本当にあの頃の自分に「一回顔洗って出直してこい!!怒」と言ってやりたい!!!のです。

そもそも私の出会いはアプリ一択だったので、その分変な男性にお逢いする確率も高異常確率だったもんですから、そんでまた私ったらそんな変な男性に会った後、どうしようもない気持ちを吐き出したくて隣に座ったスタバの若い男性(至極まともそうな方)に声かけて話聞いてもらったり、やることなすことすっとんでたなーとは思います。強心臓。

でもね、その後無事に自分にとってのハイスペさん(心穏やかでいられる、私や娘のことを大事に思ってくれる)と再婚したからこそ、気づけたことがあるんですよ...。

ああいう独身女性のブログは傷のなめ合いにはなっても、有意義なことはほとんどアウトプットされていないってことに。

当時大手相談所にいたときは店長としてちゃんと真面目に働いてはいましたし、残業も深夜までしていたけれど、会員さんに対する思いも、幸せになってほしくて必死な気持ちも格段に今の方があるし、それこそ一人ひとりの会員さんに対して真剣勝負です。
それは本当に自分の至らなかった経験とこれまでの膨大な成婚者さんとそうでない方のデータを踏まえ、経験のなせる業もあるでしょう。

ん?まぁ、ちょっと話は飛びましたけど、結論、何が言いたいかというと

アメブロ読むなら親身なスタイルの結婚相談所さんのか、もしくは婚活成功した方のブログだけを参考にしたほうがいいかもねってことです。

思うんですよ。当時のおさるを含め、延々と婚活している女性の中にはちょっと面白い記事を書く人も、確かにいるよね。
でも、その女性陣が言っていること、結果的に婚活の参考にはならないし、今読んでみると、なんともこじらせている面子ばっかりやさ(ドラマ「最愛」を観てる人しか分からない飛騨弁)!!

なので私は個人的に、自分の会社ブログと、今はごく1~2社、仕事でやり取りしてて本当に会員さんに対して、また私たちの会員さんに対しても誠実で親身な相談所さん(内緒ですけど)のカウンセラーさんが書くものしか読まなくなりました。

いくらバズりにバズってる結婚相談所さんでも、入ると「騙された」って思ったって方にも入会面談でこれまで何度となくお会いしてますし、確かに交際中の会員さんのお相手がそこの相談所さんだったとしても、そのブログとかに力注ぐ暇があったらIBJの会員さんのためにもっと力注いでくんない?って思う相談所さんも、正直、あります。

ブログもTwitterも共感するため、娯楽のためには何を読んでもいい。
だけど口を酸っぱくして言いたいのは参考にするならソースと成功体験がある人のブログにしてねってことです。

以上!
婚活は楽しみながら、かつ軌道修正しながらがポイントです!

ppp.JPG

これからの季節、暗い色になりがちな冬のお洋服には綺麗な色の大判ストールをプラスしてみて!それだけでぐっとあか抜けてお洒落な女性になれると思います♪

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

結婚できない女の特徴(思考パターン)~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

こんにちは!成婚カウンセラーの近藤です。
最近、紅葉の美しい季節になってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ちょっとしたアウトドアがお好きなカップルにオススメなのが「高尾山デート」です!
今の時期は紅葉が綺麗ですし、過ごしやすい気候なのでハイキングにはもってこいの季節。
歩くのに疲れてしまったらリフトやケーブルカーなどもありますから、
交際中の方とのデートの場所にお悩みの方はぜひ、行ってみて頂けたらと思います。
(私も今週、夫と行きます)

さて、最近、同時期に活動開始された会員さんで同じくらいのご年齢の方で
感じ方がこうも違うのか?!と驚いたことがあったので今回はそんなお話

=======================================

どちらも活動開始されて1週間ほど経過した20代の女性会員さんとのやりとり

【Aさんの場合】

近藤:活動スタートされてから1週間ほど経ちますが、悩んでらっしゃることやご不安なことなどはありますか?

Aさん:そうですね。想像していたよりもたくさんお見合いのお申し込みを頂けていてとっても嬉しいです💕
悩みとしては、会いたい方がいっぱいいらっしゃるのですが、スケジュール感などもあって全員とはお会いできなくて、せっかくお申込みくださった方をお断りするのが心苦しいです...

【Bさんの場合】

近藤:活動開始されてから1週間ほど経ちましたが、婚活やってみていかがですか?

Bさん:色々と見てはみたんですが、正直、もう既に申し込みをしたい方がいなくて...
これからの活動やっていけるのか自分でも不安です。

=======================================

私から見ていて、お2人ともお綺麗で申し込みもたくさん来ていましたし、活動としては順調そうに見えていましたが、これだけ感じ方が違うものなのかと唖然としました。

同じ状況でも
全然会いたい人がいません...と落胆する方
会いたい方がたくさんいらっしゃって嬉しいです!と喜ぶ方

色んな方がいらっしゃいます。

正直、Bさんは私からすると少し不憫に思えます。
恐らくAさんの方が早く成婚すると思いますし、活動中大変なことがあっても彼女なりに楽しく活動を続けていけると思います。
また、ご成婚した時の幸福度もおそらく、Aさんの方が高いでしょう。

このお2人のたった一つの違いは「感じ方・捉え方の違い」です。
Aさんは人からの好意を受け取る感受性が強いという部分にポイントがあります。

======================================
<幸福度クイズ>
スシローをご馳走されて喜べる花子さん
銀座の高級フレンチをご馳走してもらうくらいでないと喜べない月子さん

どちらの方が幸せを感じられていると思いますか?
======================================


正解は花子さんです!

なぜなら、花子さんはスシローをご馳走されても幸せを感じていますし、
高級フレンチをご馳走されたらさらに幸せを感じられることでしょう。

月子さんはというと普段、銀座のフレンチをご馳走してくれるぐらいでないと嬉しいとは思えないので、もし男性からデートでスシローに連れていかれてご馳走してもらっても

「この人は甲斐性のない人だから次はないな」
「自分はこの程度と思われているのか」

などと、不満が出てきてしまうわけです。


カウンセラーが良く男性に厳しい女性はモテませんよとか、何でも喜べる人の方が男性から好かれますよとアドバイスするのは、
決して押し付けたいから言っているのでも、無理にでも成婚させたいから言っているのでもありません。

あなたが幸せになるためにそうしてほしい。と切に願っているのです。


男性に厳しい人はそれだけ男性からの好意を上手く受け取れていないということ。
その方が不幸じゃない?と思っているからそう伝えています。

そんな単純なことで喜ぶなんて甘すぎるとか
そんな安い女に見られたくないとか

思うかもしれませんが、私は声を大にして言いたい!

「甘くて何が悪いの?!」

ちょっとしたことで幸せを感じられる人は素敵なことだし、
人からの好意に敏感で受け取るのが上手な女性ってやっぱりモテます。

男性からすれば自分がやったこと一つ一つに凄く喜んでくれるって
それでけでめちゃくちゃ可愛いんです!

だからあなたも今日から目指せチョロい女子!!

22079237_s.jpg

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

婚活はメンがヘラるけど、男性の前では出さないよ!~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

そろそろ銀座のあたりも少しずつイルミネーションが点灯する時期となりました。
チーフカウンセラーの弘平谷です。
毎年この時期は真剣交際やご成婚退会が続きます。とても嬉しい気持ちになります。


最近、YouTubeの新しい試みの一つとして20秒くらいのショート動画を撮影することになったんですね。
各カウンセラーが知恵を出し合って皆さんに楽しんでもらえるような役立つ短い動画を作ろうと思っていて。
それにあたり、私が数年前まで婚活していたときってどんなだっけか?と改めて思い出すために、ちょっと気分転換もかねて、婚活中に知り合った男性とのLINE(ブロックしてしまってもはや名前を見ても、失礼ながら忘れてしまってる方々)とのやり取りを再度復元して読んでみたんですよ。

読み返して思いましたが

はっきりいって、地獄絵巻でしたね。

私はこんな闇世界に生きていたのか、と。

当時の私はアプリで出会った人々に、いちいち、めちゃくちゃ真剣に向き合ってたんですよ。

離婚理由を聞かれたら長文を送って誤解を与えないように説明して既読スルーされてるし、今読み返したら完全に遊び目的の男性に対し「そのような考え方でいらっしゃるのですね。でもまだお会いして2回なのに、そんなことを言われてしまうと少し不安です。本当にごめんなさい」とか返して「了解」と返されて終わってたりとか。
あるいは今読み返したら「これ、絶対に既婚者じゃん...」って人に未読スルーされて「どうされましたでしょうか?お身体具合悪かったりされませんか?」とか。。
自分のあほさ加減に思わず吐血しそうになりましたよね。

こんなアプリでの婚活、やってもやってもそりゃあ叶わないよ。
と、今の私なら分かるのに。

こういうのを見返すと、改めて本当に結婚相談所での出会いって守られてるなと思います。

どんなに嫌なことがあっても、直接対決せずにお相手に交際終了を告げることができます。
また、遊び目的の人がいないので、仮にご縁がなくてショックを受けても、違う意味で傷つくことはないはずです。

あと、最近Twitter投稿するようになって思ったのは、Twitterの中の婚活アカウントの男女って、本当にあれ、架空だなって思います。
巷ではTwitter婚活とかいうのが流行ってるみたいですが、だいたい有名なアカウントの男女ってアイコンがほぼ100%「佐藤健」だったり「田中みな実」とか芸能人の拾い画じゃないですか。
でも私たちはやはり視覚に訴えられると、どうしてもその人がそういうお顔立ちなのでは...?っていつのまにか無意識に脳内で情報操作されてしまってるんですよ。

ですが皆さん聞いてください。
フォロワー数万人を誇る「次から次に彼氏ができる報告してる」某婚活女子さん(アイコンは少しだけ顔出し、それだけ見たらめちゃくちゃ可愛い!)がYouTubeやってるっていうので試しに観てみたら、確かに髪も巻いてそれなりに身ぎれいにはしているんですけど、「華のなさ」「部屋暗い」「皮肉屋」「性格よくなさそう」「理屈っぽい」オーラがすごくて、もう、なんていうか勝手に私が美化してた彼女と現実の彼女とのギャップに唖然としてしまいました。

それでまた現実に戻ってIBJのシステムを開いて(もちろん仕事で)、その真っ当な感じにほっとするなどしました。

もちろん婚活ってどんなに守られた場所であっても、特に女性は精神的に不安定になることはよくあります。
でもそれをTwitterに吐き出したり、あるいは過去の私のように一人だけで傷ついて事実そのものをなかったことにしていたり、それって本当に成長しようがないよな...って改めて強く感じています。

そういったときこそ、高いお金を払って結婚相談所に登録したんですから、人生経験も豊富で、ご縁をつなぐ仕事に命かけているカウンセラーを使わない手はないですよね。
女性ですもん、たまにはメンがヘラったっていいんです。
(もちろん男性もね!)

でもそれをお相手にぶつけないように、そしてそれをやっちゃうくらいなら、いったんカウンセラーにLINEするなりして、モヤモヤをぶつけてください。
人に相談する、或いは話を聞いてもらうだけで、自分の頭の中がすっきりしてさぁまた仕切り直そうって気になるはずです。

いろいろと書きましたけど、何が言いたいかっていうと会員さんは、カウンセラーにこんなこと言ったら怒られるとか、そういう遠慮はしないでいいんだよ。(ってかそもそも怒んないからね♪) 結婚するための最善のノウハウ、そして気持ちの持ち方、一人ひとり違うお悩みへのアドバイスを的確にしますからご安心をってことです。

婚活は楽しみながら、軌道修正しながらがポイントですからね♪

doraemon5.png


ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

結婚に向いていない人診断~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

ホグワーツの入寮を決める、組み分け帽子心理テストをやってみたところ、
グリフィンドールに入寮が決まりました。
(ハリー・ポッターに興味がない方、ごめんなさい)
成婚カウンセラーの齊藤です!

婚活していると、
必ずと言っていいほど活動に行き詰まったり、気
持ちがすごく落ち込んでしまったりする時期がやってきます。
そこで嫌になって、婚活をやめると、その間に年齢を重ねてしまう事になります。
もう一度やろうと思った時には、条件が悪くなってしまって、
もっとしんどくなる、というのが婚活の世界です。

もう少し、年齢に対するこだわりを男女ともに捨てられると、
婚活は変わるのになあと思いますが、
私の身の回りの男性(夫以外)に話を聞くと

「だって若い方がどうしてもいいんだもん。」

だそうです...。

こういう世界に疲れてしまうのはもっともです。
もうやめようかな...という悪魔のささやきを聞き入れてしまった方が仰るのが
「私、結婚向いてないみたいです。」
結婚したいのかわからなくなりました。」
というような台詞。

この言葉は、そのままの意味ではなく
婚活疲れた。もう嫌だ。
という意味
である場合が多いので、まずは辛さを吐き出してもらいたいと思っています。

でも、強固に「向いていない。」「したいかわからない。」と仰る方には、
その気持ちにも向き合っていきたいものです。

私が思う結婚に向いていない人、
本音では結婚したくない人というのは、

結婚しても浮気...しちゃうだろうなあと思っている人

これだけです。
お互い、浮気ありでいいよねと言って結婚生活を始めても、
やっぱりこれだけはうまくいかなくなるみたいです。

一般的には以下の特徴がある人も、結婚に向いていないと言われがちですね。

・ギャンブル好き
・借金癖がある
・生活スタイルを変えられない
・自分の稼いだお金を人が使うのが気に入らない
・誰かとひとつ屋根の下で暮らすのが耐えられない
・人を頼るのが苦手
・相手を言い負かすのが好き
・我慢したくない
・家事が全くできなくて、これからやる気もない
・損は絶対したくない
・過程より結果が大切
・社交性が全くない
・容姿が良くない人は結婚相手として考えられない


でも、これらの特徴を持っている人でも、
そういうあなたでOKと言ってくれる人が1人現れれば、結婚できます。
どんな人にもお似合いのお相手って必ずいるようです。
世間で言うような結婚でなくても、
お互いがそれで納得しているなら結婚生活は続けられます。
世間とは違うからこそ、2人の絆が強くなる場合もあるでしょう。
OKを出してくれる人は少ないので頑張って探さなくてはいけませんが、
結婚に向いていないわけではないと、私は思います。

それに、これらの特徴は、
婚活をしたり、自分にぴったりのお相手と出会えたりする中で、
変わっていくことがあります。
ひとつ屋根の下で他人と暮らせないと思っていても、
なぜかこの人となら住める、という人に出会った方もいます。

私も、結婚する前は、誰かとずっと一緒にいられる気がしなくて、
1人の空間を確保できる家に住まないと耐えられないと思っていました。
ところが夫と住み始めたら、
お互い仕事でお家にいない時間の方が圧倒的に長いこともあり、
1人の時間と空間を確保するより、夫と時間と空間を共有したくなりました。
結局1人の部屋なんかちっとも必要なかったんです。
とても意外で驚きました。

つまり、私たちは大して自分のことなどわかっていないし、
自分は刻一刻と変化していくので、
今、結婚に向いていないとか、したくないのかもしれないとか考えても無駄なんです。


カップルの数だけ、結婚の形があります。
「結婚に向いていない」「本当は結婚したくない」
が、婚活の辛さからの逃走経路になっていないか、一度自分の心に聞いてみてください。

そして、混乱して、疲れ切っている時こそカウンセラーを呼び出してくださいね!
お話聞かせてください!

E29B89D2-14E0-4E07-B8DD-FB9B52C8649A.jpeg

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。