お見合い(婚活)でマイナスワードには気を付けて。

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

日本人は謙遜することを美徳だという部分がまだまだ根付いているように思います。

というのも自分のことを謙遜しすぎて自虐してしまう婚活者さんが多いんですよね。

謙遜して自虐してしまうのって、友人関係では良いのかもしれませんが婚活ではマイナスになってしまうことも多いです。

初めてのお見合で・・・

「僕はたいしたことない人間なんで、気を遣わないでくださいね。」

「僕みたいな人に会って下さるなんて本当に優しい人ですね。」

「私全然モテないんです・・。」

「私取り柄が特にないんですけど。。」

このような言葉を無意識に言ってしまっているんですよね。

暗く言っている訳じゃなく、冗談っぽく言ったり照れ隠しなのか自虐的にして笑ってもらおうと思っているのかもしれませんが、後で思い返した時にあんまり良い印象にならないんですよね。

友人同士の間では自虐的なことは盛り上がるかもしれません。

でも婚活では実はネガティブなのかな?自信がないのかな?ちょっと面倒くさそう・・・
といったイメージになりがちです。

マイナスワードって本当に無意識に言葉にしている人が多いんです。

マイナスな言葉って良い運気を遠ざけてしまうんです。(本当ですよ!)

誰だっていつもいつもポジティブなことばかり思えないのは仕方ないですが、ポジティブじゃないのとマイナスワードがクセになっているのは少し違うんです。

言葉って本当に大切で、言葉の積み重ねで未来が変わっていきますし、マイナスな言葉はマイナスな方向に引っ張られてしまいます。

吐き出す言葉は出来る限りプラスな言葉で、そしてなりたいイメージをどんどん言葉にしていくと叶いますよ。

成婚者さんも「〇月までに結婚する!だからお見合い頑張ります。」とか「〇〇みたいな男性と出会いたい。だからさらに自分磨きをします。」とか具体的に言葉にしている人ほど結果も出ています。

プラスの言葉をたくさん言って幸せに近づいていきましょうね。


ご入会に関するご相談はこちらからどうぞ。

勧誘はしておりませんので、ご安心してお問い合わせ下さい。

成婚者さんのお祝い会~30代女性、活動5ヶ月~

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

先週末に成婚者さんのお祝い会をしました!

成婚者さん34歳、お相手男性39歳 活動期間5ヶ月です。
とってもお似合いのお2人でした。

当女性会員さんは添乗員さん、お休みも不定期でこのまま仕事バリバリ続けていても出会いがなく結婚出来ないと思いご入会を決意。
(同僚の女性は独身女性ばかりだそうです。)

お相手男性は自衛官をされていて、剣道もずっとやられていたとか、体格も良く安定感抜群な素敵な方でした。

お2人共に趣味や興味があることが多く、お話も好きでドライブデートで何時間も車に乗っていても話題がなくなることなく楽しく過ごせるほどの相性が良いんだそうです。

2人がとても仲良さそうで、幸せそうで、良かったー嬉しいって気持ちがこみ上がってきました。

お見合で初めて会った時から、お互いご縁を感じたと話してくれました。
他の人とは違う何かを感じたそうです。

お2人の幸せなお話がたくさん聞けて本当にこちらまで気持ちが温かくなってくるんですよねぇ。

成婚者さんの幸せが私の活力なんですよ。

彼女は結婚相談所に最初抵抗があり、初回の面談までけっこう悩んでいたそうです。

でも入会して良かった、悩み過ぎず始めれば良かったって思ったそうです。

そう、結婚相談所でも普段の出会いでも同じようにちゃんと好きになって結婚するんです。

本当におめでとうございます。

お2人の幸せをずっと応援していますね。

2017-06-25_16-15-54_104.jpg


結婚相談所に興味はあるけれど、悩んでいる方いらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

あおぞらマリアージュはあなたの味方です。

無料面談のお問い合わせはこちら

カッコつけずに婚活をしていますか?

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

婚活を頑張るってことに対する抵抗って、もしかしたら誰にでもあるのかもしれません。
なんだか恥ずかしい、そこまでしなきゃいけないの?って思う気持ちも分かります。

結婚相手探しに一生懸命やるなんて・・・まあそれなりにやるけど必死に頑張ってる感は出したくない、それでなんとなく上手くいったって方がイイよねって。。

しかしあなたが一生懸命頑張ろうが、そこそこでやろうが実は誰も何とも思っていません。
婚活を頑張ることに対する、あなたのプライドがそんなに必死にしなくても・・と思ってしまうだけなのです。

「私はみんなが必死で頑張っている舞台にはカッコ悪くて上がりたくないの。その人達と私は違うから・・観客席からそれを見ていて、上手に良い人を捕まえられるはずだから。」

しかし残念ながらこのような気持ちの方はやはり上手くいきません。
素直に頑張っている人達にかなわないのです。

それまでの活動の場所や、進め方が間違っているなら、それを変えれば良いでしょう。

でも前向きに素直に頑張る気持ちがないと、なかなか上手くいきにくいです。
婚活ってそんなに甘くないですし、簡単じゃないんです。

担当アドバイザーさんにも本音で話して、自分にも向き合っていかなきゃいけないこともあります。私は別に・・って引いているままだと前に進めないままですよ。

カッコつけずに婚活をしていきましょう。
余計なプライドは婚活を長引かせるだけですからね。

信頼して私達に思ったままを相談して下さい。

成婚者さんから赤ちゃんが生まれたとご報告がありました。

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

約2年半前にご成婚された会員様から、赤ちゃんのご報告を頂きました。
しかも生まれた翌日に私に赤ちゃんの写真付きメールを下さり、本当に嬉しいです。

赤ちゃん可愛いですよー。
成婚者さんの幸せなご報告が何よりも嬉しいです。

私は会員さんを婚約までお世話しますが結婚してからも、もちろんいろいろあります。
だけどお相手と一緒にいろんなことを経験していけるって、やっぱり結婚っていいなって思ってしまします。

赤ちゃんの可愛い写真に本当に癒されますし、自分の子供が小さかった頃を思い出してしまいました。

赤ちゃんんが生まれると本当にしばらくはバタバタしてしまいますが、彼と協力して子育てを楽しんでくださいね。

本当にご出産おめでとうございます!!

150705280827_TP_V1.jpg

※こちらはイメージ写真です。

成婚者さんからのメッセージはこちら

結婚は確認よりもタイミングが大事。~30代婚活女子の落とし穴~

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

結婚相談所で真剣交際(成婚間近)というステージに進んだ時に、特に女性はお相手にいろいろと確認をしていきたくなります。

お金のことだったり、親戚関係のことだったり、進め方のペースだったり、ほんとにもう様々ですね。

例えばお相手の年収が600万だった場合、実際に手取りはどれくらいで生活費はどれくらいなのか?どれくらいの生活レベルになるのか?それについて彼はどう考えているのか?

またはご両親との関係について、家族付き合いはどれくらいしなきゃいけないのか?親密度はどうなのか?ご家族の方の思考や結婚観はどうなのか?

もしくはお相手の性格や生活パターンについて、居心地良く暮らしていけるのか?生活習慣はどうなのか?家事に協力的なのか?

そして結婚までの進め方について、一緒に住むのはもう少し先にしたいけど彼はそれに合わせてくれるのか?式にはこだわりたいけれど、理解して一緒に探してくれるのか?
籍を入れるタイミングは?

とにかく女性は不安なのです。
特に30代まで1人でやってきた女性なら、今までの自分の生活を変えられるのか?という不安が大きく、お相手に安心させて欲しいといろいろ求めてしまう傾向にあります。

そして結婚について具体的にどんどん進めるよりも、お相手とやっていけるのか確認しながら少しづつ進めていきたいと思う人が多いですね。(婚約状態でお相手は確保しておいて・・ですが)

だけどね、あんまり確認ばかりしていても進まなくなっていきますし、いくら確認しても実際にそうなってみて分かることの方がずっと多いのです。

それに男性にとってはこの確認作業ってあまり楽しいものではありません。
やってみてから考えたって遅くないんじゃない?って男性は思ってしまいます。

これって結婚のタイミングを逃す30代女性の特徴です。

タイミングを逃すとお相手の気持ちも離れてしまうことって少なくありません。

自分のペースよりも、お相手との結婚までの流れに乗っていくことが本当に大事なんですよ。


成婚者さんの声、感想を参考にしてみてください

気付かない男性、ハッキリ言わない女性、だからサポートが大事!

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

婚活で本当によくあること。
それは女性の気持ちに男性が気付かないこと。

例えば、デートの場所。
女性は準備もあるので早めに日時、場所を決めて欲しいと思う人がほとんどですが、男性は(恋愛経験が少ない人に多い)その時の気持ちを大事にしたいので、会ってからどこに行くか決めればいいじゃなって人多いんです。

女性はデートする場所によって服装や髪形も変えなきゃだし、出会って間もない時期に行き当たりばったりのデートはストレスを感じることの方が多いんですね。

そういう時に女性は、お相手男性が自分を大事にしてくれていないように思います。

先日も当相談所の女性会員が交際中の男性と次のデートの話をしていて、都内で食事に行くか、山にハイキングにしようかどうしよう・・とLINEでやり取りしていました。

そして男性から「当日の気分で決めようかぁ・・」と言われ、都内で食事の場合とハイキングだと服装や準備が全く違うどうしたら良いですか?と女性から私に相談されました。

お相手男性に準備があるから早く決めてって言った方がいいですよ、と女性にアドバイスしましたが、結局伝えられなかったそうです。

そう、女性は思ったことをハッキリ伝えるのが苦手なんですよね。
女性は子供の頃から、女性同士察しあって育ってきたので、「私はこうしたいんだけど、分かってよ。」と出会って間もない男性に言えません。

お付き合いが長くなると言えるのですけどね。

でもね、言えば良いのにって思います。

だって男性は本当に気付いていないだけなのです。

あなたを大事にしていない訳でもなく慣れていないのです。

逆に女心が分かり、あなたの思うようなデートをしてくれたり、欲しい言葉をくれる男性の方が危険ですからね!!(遊び人です)

だから少しづつでいいので思った気持ちは伝えていきましょうね。

男女共にお相手の言動で誤解が生まれる時がありますので、そういう時は担当カウンセラーに相談して下さい。

すぐにお相手担当者さんと連絡をして、男性の気持ちや真意を聞きますから。

出会って間もない2人はすれ違うことが多いので、私達が間に入るのです。

自分の力だけでは限界があります。
多くの男女が初期のコミュニケーション不足で交際が終わってしまいます。

私達カウンセラーが間に入って2人の気持ちを確認し合うとスムーズに進展するのです。
先日ご相談下さった彼女も、彼の真意が分かり、真剣交際に進むことができました。

お1人での活動に限界を感じ方方はお気軽にご相談くださいね。

ご入会のご相談、婚活のお悩みはこちらからどうぞ。

結婚相手に求めすぎないで、二人で幸せを作っていくのが結婚

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

おキレイな女性や、若い頃モテた経験がある女性は、そのままの気持ちで30代同じように恋愛をしていると結婚は厳しくなりがちです。

逆に恋愛経験が少なく、夢見る乙女タイプも同じかもしれません。

また恋愛と結婚も少し違うので、モテるけれど結婚相手としては選ばれないという人もいます。

そのような人達に共通しているのが・・・・

「私のこと全部分かって欲しい。受け止めて欲しい。」

という気持ちです。

人間誰もが分かって欲しい、受け止めて欲しいと思う生き物ですので、そう思うこと自体は悪くありません。

でもそれをそのままお相手に求めると、ちょっと面倒くさい女性だと思われてしまうようになります。

男性も30代になり結婚相手を探すとなると現実的に一緒に生活できるお相手かどうか、見る視点が少し違ってくるのです。

いくらキレイで可愛くでも自立していないと選ばれにくくなります。

実際にあった話ですが、真剣交際くらい進展していくと本当にこの人を選んで良いのか?私を幸せにしてくれるのか?と不安になっていくことがあります。
マリッジブルーと重なり、分かってよ、察してよ、不安を取り除いてよというような言動を取ってしまう女性がいるんです。
(マリッジブルーとホルモンバランスが崩れて不安が増えていきます。)

最初は頑張って男性も受け止めようとするのですが、やり過ぎると疲れてしまいます。

結婚が目前に見えてきて、少しくらい大丈夫だろうと思っても、実際そのあたりでモメて終了してしまうケースも実はあるのです。

幸せは2人で作っていくものですからね、私と結婚するんだから幸せにしてよという上から目線の気持ちが出てしまったら要注意です。

男性だって実は不安な気持ちを持っているのですよ。
それに男性は女性の気持ちに鈍いので、あなたが思うような言葉が出てこないことも多いでしょう。

そういう時不安な気持ちは担当カウンセラーにぶつけて下さい。

2人で仲良く幸せな結婚に進めるように、話も聞くし、アドバイスもしますから。

結婚はゴールではありません。
そこから2人で楽しく生活していくことを目標に進めていきましょうね。


成婚の秘訣を成婚者さんに聞いてみましょう

やっぱり結婚相談所は婚約まで早いです。(プロポーズの日)

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

6月の第一日曜日はプロポーズの日らしいですね。
昨日ニュースで知りました。
プロポーズの日にちなんで、いろんなカップルがどんなプロポーズをしたのかという特集をテレビでしていました。

そこで結婚までの交際期間も出ていましたが、交際期間6年とか、4年とか・・・
やっぱり普段の出会いからの結婚は期間がかなりかかるんだなぁと思いました。

私は結婚相談所で日々会員さんのお世話をして、みなさんが半年や1年以内でどんどん成婚していかれるのでこれが普通のように思ってしまっていたので、改めて結婚相談所は進展が早いんだなと気付きました。

ちょうど先週には、37歳の女性会員さんがプロポーズを受けたと連絡が入りました。
活動期間8ヶ月、交際期間2ヶ月です。

また今週2人の会員さんが真剣交際に進まれました。お2人共お付き合いして1,2ヶ月です。
(真剣交際とはお相手を1人に決めて成婚まで進めていける期間のこと、婚約まであと少しという状態です。)

もちろん時間をかけてお相手のことを知って、ゆっくり結婚したいと思う方もいるかと思いますので、早く結婚することだけが良い訳ではないと分かっています。

ですが、普通の出会いでは交際から結婚までは平均4年かかるそうです。

良い方がいて、その人とずっと一緒にいたいと思ったら結婚できるかどうか分からないまま何年も時間が過ぎていくのは不安ですよね。

結婚を前提としてお相手選びができるのは、結婚相談所の良いところだと思います。

お相手との相性や居心地感は出会って数回ではっきり分かってきますし、出会って数ヶ月で結婚しても全員恋愛をして結婚しています。

これからの人生を好きになったお相手と楽しく過ごす為にも、結婚を考えてくれるお相手と出会いたいですよね。


結婚相談所のご入会から成婚までの流れはコチラからご覧ください。