結婚相手に求めすぎないで、二人で幸せを作っていくのが結婚

上質な出会いと1年以内の成婚の結婚相談所あおぞらマリアージュ銀座のアドバイザーゆりです。

おキレイな女性や、若い頃モテた経験がある女性は、そのままの気持ちで30代同じように恋愛をしていると結婚は厳しくなりがちです。

逆に恋愛経験が少なく、夢見る乙女タイプも同じかもしれません。

また恋愛と結婚も少し違うので、モテるけれど結婚相手としては選ばれないという人もいます。

そのような人達に共通しているのが・・・・

「私のこと全部分かって欲しい。受け止めて欲しい。」

という気持ちです。

人間誰もが分かって欲しい、受け止めて欲しいと思う生き物ですので、そう思うこと自体は悪くありません。

でもそれをそのままお相手に求めると、ちょっと面倒くさい女性だと思われてしまうようになります。

男性も30代になり結婚相手を探すとなると現実的に一緒に生活できるお相手かどうか、見る視点が少し違ってくるのです。

いくらキレイで可愛くでも自立していないと選ばれにくくなります。

実際にあった話ですが、真剣交際くらい進展していくと本当にこの人を選んで良いのか?私を幸せにしてくれるのか?と不安になっていくことがあります。
マリッジブルーと重なり、分かってよ、察してよ、不安を取り除いてよというような言動を取ってしまう女性がいるんです。
(マリッジブルーとホルモンバランスが崩れて不安が増えていきます。)

最初は頑張って男性も受け止めようとするのですが、やり過ぎると疲れてしまいます。

結婚が目前に見えてきて、少しくらい大丈夫だろうと思っても、実際そのあたりでモメて終了してしまうケースも実はあるのです。

幸せは2人で作っていくものですからね、私と結婚するんだから幸せにしてよという上から目線の気持ちが出てしまったら要注意です。

男性だって実は不安な気持ちを持っているのですよ。
それに男性は女性の気持ちに鈍いので、あなたが思うような言葉が出てこないことも多いでしょう。

そういう時不安な気持ちは担当カウンセラーにぶつけて下さい。

2人で仲良く幸せな結婚に進めるように、話も聞くし、アドバイスもしますから。

結婚はゴールではありません。
そこから2人で楽しく生活していくことを目標に進めていきましょうね。


成婚の秘訣を成婚者さんに聞いてみましょう