婚活するなら年収よりも席を譲ろう~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

あおぞらマリアージュの齊藤です。
婚活に頑張っている皆さん、
恋人が欲しいなと思っている方、
電車や、飲食店の順番まちの椅子などで、
席を譲っていますか?

私自身、婚活をして結婚したのですが、
婚活をしていた過去を思い出すと、必ず出てくる思い出が
席を譲らない男性たち
のことです。

疲れ切ったお仕事の帰り、電車でようやく座れたと思ったのに、
目の前にお年寄りや妊婦さんが立ったりして、
「あーあ」
という気持ちになることは、正直あると思います。

その気持ち、わかるのですが、
結婚して、誰かと助け合って生きていきたいなら、ここが「やせ我慢」のしどころだと思うんです。

自分もしんどいけど、目の前のこの人の方がもっとしんどいだろうな
という思いやりをいつでも発揮できなかったら、結婚生活はちょっと波乱含みになってしまうかもしれません。

私が婚活中にデートをしたある男性は、
電車で目の前の席が空いた途端、すぐ座ろうとする人でした。
隣にお年寄りがいようと、小さな子供がいようとお構いなしでした。
「小さい子に座ってもらったら?」
と私が言うと、
「別にいいんじゃない?座りたいなんて言ってないっしょ。」
と返ってきました。

こういった言動だけで、交際終了した方がいいのかな?と考え始める人もいると思います。
私も、この男性のことを、
周りが見えてない人、
自分中心の人なのかなあ...と思ってしまいました。

婚活中の男性の方、デート中に女性と電車に乗っていて、目の前の席が空いたなら、
まず自分が座るのではなく、当然、一緒にいる女性に「どうぞ」と言ってくださいね。

病気や怪我があるわけではないのに、「どうぞ」と言いたくないほど疲れているなら、
デートをしている場合ではありません。
休みましょう。
そして、疲れの原因を解消しなくてはいけません。
お仕事が過酷すぎるなら、真剣に働き方改革をする時です。

「どうぞ」と言ったけれど、女性が「大丈夫」と言ったらどうするか。
もちろん自分が座るのではなく、周りに席を必要としている人がいないかを確認します。
小さな子がいたら座らせてあげた方がいいです。
小さな子はしっかり立っていられないから危ないですよね。
揺れた時に、大人に押しつぶされるかもしれません。

赤ちゃんを抱っこしている女性がいたら席を譲る人は多いと思いますが、
これが男性だとなかなか譲ってもらえません。
でも、男性であっても赤ちゃんを抱っこして立ち続けるのは大変です。
すぐ座ってもらいたいですね。

空いた席の隣に座っている方にお連れさまがいて、
お連れさまが立っている状況なら、お連れさまを座らせてあげましょう。
お連れさまがたとえ若い男性でもです。

特にそういう人がいなさそうだったら、
空いた席の前をあけて立つようにしてくださいね。
これから乗車してくる席を必要としている人がスムーズに座れるようにです。

そんな当たり前のこと!
と思った方、意外とできない人が多いのが、残念ながら現実なんです。
今度電車に乗ったら観察してみてください。

さっと席を譲れるかどうかは、優しさや思いやりの「深さ」ではなく、
習慣だと私は思います。
優しさや思いやりは勝手に身に付くものではありません。
努力して身につけ、練習して習慣にするものではないでしょうか。

どんなに心の中に思いやりを持っていても、
言動に現れないのでは、残念ながら持っていないのと同じです。

婚活中のほとんどの人が、優しい人、思いやりのある人と結婚したいと思っています。
日々の生活の中で練習して、優しさと思いやりを習慣にしていきたいですね!

好きな人にだけ思いやりを見せる、というのはダメですよ。
それは習慣になっていませんよね。
必ずボロが出ます。


思いやりを習慣に。
一緒に頑張りましょう!

C75B2645-4FCB-4DBA-ADD2-CF38840BC1E1.jpeg

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。


PageTop