お見合いでの会話の進め方~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

アスファルトの冷たさが靴を通しても感じられる季節ですね。
あおぞらマリアージュの齊藤です。
寒くなると、婚活うまくいきたい!という気持ちが強くなりませんか?

婚活がうまくいくために、
「お見合いの練習をしてください。」
「タイプの人が現れた時だけ会話を盛り上げようとしてもダメです。」
と、私はよくお話しさせていただくのですが、

会話の練習って何するの?
練習するものなの?会話って?

という疑問を時々いただくので、今日はそれにお答えしようと思います。

まずよくあるのが、男性がお話ししすぎている場合です。

女性との会話が苦手な男性が、女性に気に入られたいと思った時にやってしまいやすいのが、
「自分アピール」です。

仕事がハード、
こんな趣味をやっている、
こんな友達がいる、
学生時代の自分はこうだった
など
女性に認めて欲しくて話してしまっていませんか?
お金を増やすノウハウや、最近読んだ本の内容を女性に教えてあげるなどもアピールに含まれます。

これらの話題がダメというわけではありません。
これらの話題を自分のアピールとして話してしまうと、途端に女性は疲れ、飽きてしまうんです。

アピールしたくなる男性はグッと堪えて、まず女性のお話を聞いてください。

最初にすることは、自分について話すことではなく、お相手の女性に質問することです。
できるだけ具体的で答えやすい質問がいいです。
「映画がお好きなんですよね、最近は何か見ましたか?」
「どうでしたか?」
のような、女性がエピソードを話しやすくなる質問をしましょう。

そして聞きます。
聞くというのは、ただ「うんうん」言うことではありません
心からその女性が映画をどう思ったのかに興味を持つことが第一です。
本当は興味などないのに、ふんふん聞いているフリをするだけだと、
まず絶対に女性にバレます。

興味を持って、女性の話を聞くことができたら、
それだけで、聞いてもらえた女性は楽しいんです。

興味を持ったら、女性が話していることを理解するようにします。
自分の感想、自分の意見はまだ要りません。
「風景がすごく綺麗に撮影されてて、それだけでも感動しちゃいました。」
と彼女が言ったなら、
どんな風景だったのか、どんな色合いだったのか、聞きましょう。

彼女が映画で観た風景が、あなたの頭の中に再現されましたか?
それは綺麗ですか?
彼女は綺麗と言っているのに、あなたには綺麗に思えなかったら、まだ理解は足りません。
もう少し、深く理解するために優しく、質問してください。

質問しても綺麗だと思えなかったら、
それは彼女の感性では、綺麗なんだと「受けとめ」ましょう。

「ああそうか、そういうものを観て、綺麗だと感じたんだな。」
というふうに、あなたの中で、彼女の観たものが再現され、彼女の気持ちがわかるような気がしたら、
「聞く」は完成です。

興味を持って、
理解して、
自分も相手と同じ気持ちになる。
なれない時も「そういう気持ちなんだな」と受けとめる。

ここまでやって、ようやく「聞く」です。

大変ですよね。
これを瞬時にできるようになるには、何回もいろんなパターンで「聞く」練習をする必要があります。
誰でも最初から上手くはできませんが、練習すればするだけ必ずできるようになりますよ!

自分の意見や感想は、しっかり「聞く」をやった後で話しましょう!

「ああ、そういう感動なら僕も学生時代に感じたことがあります!僕の場合は○○って言う映画だったんですけど...」

これなら学生時代の話ですが、「アピール」ではないですよね。

今回は女性とのコミュニケーションが苦手な男性編でしたが、
基本的には女性も同じです。
どんな時も、
興味、理解、共感(受けとめ)の3つがそろうように気をつけて聞きましょう!

「聞く」はコミュニケーションが取れている状態を指します。
「聞く」が上手にできるようになり、相手とコミュニケーションが取れていると感じると、
聞いている方も必ず楽しくなってきます。

コミュニケーションは楽しいものですよ!

publicdomainq-0021585okx.jpg


ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。