年上とのお見合いで感じる婚活あるある

アドバイザーの安部です。

お見合いアルアルです。

お見合い後には、その時に感じた気持ちや印象を正直にお話して頂いています。 

結構頻繁にあるのですが・・・。

『とても穏やかで良い印象の方でした。でも・・・上司と話している感覚で、結婚対象としては考えられなかったんです』


年齢差がある方とお見合いをした場合は、こんな印象を持つことがあります。


お見合いは主にスーツですから、まさに仕事の上司と部下のような感覚に陥るのでしょうね。(オジサンと話している感じ)


つまり、生理的に異性として考えられない。


一度オジサン(上司)だと思ってしまうと、もう同じ年齢層の方へは躊躇して申し込まなくなったりします。


年齢の幅を狭くしてしまうんですね。


条件を狭くしてしまうと、お見合いは成立しづらくなるので、婚活に疲れを起こしモチベーションは下がっていくでしょう。


実際には、年上でも素敵な方はいます


見た目は清潔感を意識して、体を鍛えて若さを保ち、新しい事に挑戦し続けているようなキラキラ男性もいるのです。


結局は年齢ではなく、その人の生き方や思考が素敵だと感じるかどうかだと思うのです。

『この人素敵だな尊敬できるな』と感じられる会話ができれば、年齢差があっても気持ちは芽生えるでしょうね


とは言っても、さすがに一回り以上離れた方に対しては厳しいです


そこは無理をしなくて良いと思いますよ。


無料カウンセリングのお申込みはコチラから

結婚するのは自分だという認識を持って。

アドバイザー茂木です。

結婚相談所だけでなく、婚活全般に言えることなのですが、本当に受身な方が多いです。

「いつか、そのうちに、誰かが、自然と、自分が望むようになったらいいなぁ。」

分かりますよ、その気持ち。

それにちょっと動いてみて、自分の思うようにならないなら続けていくのはしんどいですよね。

でもね、結婚相談所に入ったんだから、後は何もしなくても大丈夫ではないんです。

だってあなたの代わりに私が結婚することは出来ないんだから。

自分で探して、お会いして、考えて、決めていく。

もちろんお手伝いや相談にはいくらでも乗るけれど、

やるのは自分なのです。

神様があなたの望むお相手を目の前にそっと置いていってはくれないのです。

上手くいく方法はいくらでもお教えしますよ。

でも教えたことをやるのはあなたです。

幸せはしてもらうものではなく、自分で掴み取るものですよ。

自分でやっていくんだという認識を強く持って婚活していきましょうね。

無料カウンセリングのお申込みはコチラから