理想が高いのか高くないのか判断する方法。

アドバイザー茂木です。

よく相談者さんから
「理想は高くないのに、婚活が上手くいかないんです。」
等とご相談されます。

でもよくよく話を聞いてみると・・・
理想高い方じゃないかなと私が感じたりします。

理想が高いからダメなのではなく、理想が高いならその分頑張れば良いのです。

ところが理想が高いと自分で気付いていないと、そこまで頑張らなくていいと思ってしまい、頑張り切れていないとなかなか良い結果にも繋がりません。

じゃあ理想が高いのか、高くないのかどうやったら分かるのでしょうか?

その方法はとっても簡単です。

あなたがお相手探しをして、この人良いなと思う男性のプロフィールを見た時に、あなたの周りの友人や同僚がそのプロフィールの男性を嫌じゃないと思う女性がどれ位いそうか考えてみましょう。

あなたの周りの女性(独身、既婚どちらでもよい)10人にその男性のプロフィールを見せたとイメージして10人とも「私はその男性と会いたいと思わない、絶対申し込まない。」という男性だとしたら、ライバルが少ない男性=理想は高くないと判断できます。

そしてあなたの周りの女性10人中2,3人位が「会うのは嫌じゃない。」と思うだろうと判断したら、他の女性からもまあまあ好印象持たれる男性を選ぶということで、理想は低くはないと判断できます。

もしあなたの周りの女性10人のうち、半分近くの4,5人が「会うのは嫌じゃない。」と思いそうな男性だったら2人に1人はライバルになる可能性がある男性だということで理想が高めだということが分かります。

こんな風に説明すると・・・

「え?会うのが嫌じゃない?みんなすごく会いたいと思って申し込みしているんじゃないですか?」と聞かれますが、

女性はプロフィールだけで「すごく会いたい。」と好きになったりしないので、嫌じゃないかどうかで判断するんです。

あなたはどうですか?

理想は高くないと思っていたけれど、あなたがお申込みする男性は10人中10人とも絶対会いたくないと思われそうな男性ではないのではないでしょうか?

結婚相談所では何万人も登録している女性がいるので10人中1人の割合でも、何百人があなたのライバルになってしまうんですね。

そう、思っているよりライバルは多いのかもしれません。

でも諦める必要はありません。
積極的に活動し、お申込みしていけばお見合いにも必ず繋がります。

お相手探しで迷われた場合も一緒に考えて、アドバイスしていきます。
あなたの理想や希望の優先度を決めたり、将来の結婚のイメージを考えてみることで、本当に大事な部分に気づけます。

是非ご相談下さいね。

無料カウンセリングのお申込みはコチラから