コラム

婚活コラム:再婚者さん(バツイチ)さんの活動方法

バツイチの経験を活かす

婚活でバツイチがネックになっていませんか?これまで大変な思いや苦労をしてきたかもしれませんが、バツイチには結婚を経験しているからこその魅力があります。以前の結婚生活で結婚に対する反省点、課題を見つけているはずです。お相手に求める条件や結婚生活で大切なことが分かっているので、現実的な視点を持つことができ婚活では有利です。理想に惑わされずにお相手と向きあうことができ、着実に結婚への道を歩めるでしょう。

また、一度結婚をしているということは異性から本気で愛されるほど魅力がある証です。過去を乗り越えてきた強さと頼もしさも兼ね備えています。勇気をもって離婚を経験し、新たなステップへ踏み出せたからこそもっと幸せになれます。バツイチだからと遠慮することはありません。再婚に向けて経験を生かした婚活をしましょう。

本気の再婚を考えるなら所帯じみた印象はNG

再婚を考えるなら家庭持ちの雰囲気を一掃しましょう。これから結婚を迎えるにあたって、バツイチであることをマイナスイメージにつなげると成婚が遠ざかります。過去の結婚を引きずり、所帯じみた空気が抜けきっていない様子だとお相手も敬遠しがちです。フレッシュな気持ちで婚活に励みましょう。

一度所帯を持つとファッションやメイクに疎くなり手抜きをしがちです。ズボラになって体型維持をしないうちに、いつの間にかお腹がポッコリしていたなんてことはありませんか?落ち着きがあると捉えることもできますが、婚活では次につながるように好印象を持ってもらうことが大切です。体型が緩んでしまったら、スレンダーな体型を目指して運動するのがお勧めです。

よく似合うファッションコーディネートをしてメイクが決まると心がワクワクします。異性も素敵な貴方の姿を見てときめきを感じることでしょう。婚活ではお見合いの第一印象が特に大切です。男女問わず髪型や身だしなみを整えて臨んでください。

女性は「専業主婦」になることを目的としない

結婚をしたい理由に専業主婦になることを挙げる女性がいます。お金に不自由なく楽をして暮らしたいために結婚を望んでも良いでしょうか?ノーとは言いませんが、専業主婦になりたいから結婚をしたいと男性に話すのはNGです。愛がなくATMのように扱われていると男性は感じてしまいます。

結婚生活を営む上でお金は大切ですが、男性が女性に見てほしい部分は経済力の有無ではありません。もちろん専業主婦が悪いわけではなく、所得に余裕があってお相手の要望で専業主婦になってほしいとお願いされるケースもあります。共働き家庭が多くなっている時代なので、柔軟に対応できるようにするのが理想的でしょう。

専業主婦になるようにお願いされた場合でも、万が一の場合働かなくてはならないことがあるかもしれません。結婚への理想をお見合いや交際で語るときに避けて通れない話題なので、専業主婦や共働きに対する考え方を話すときはお相手の意見も尊重しながら進めましょう。専業主婦になっても働くことになっても家庭のために努力する女性であることが伝われば好感度がアップします。

妥協すること、譲れないことを決める

結婚と離婚を経験すると婚活で現実的な視点を持つことができます。しかし過去に結婚を失敗している不安から、条件を細かくしすぎる傾向があります。石橋を叩いて渡りたくなるような心境になるのも無理はありませんが、希望条件の項目が増えるほどマッチングが難しくなります。限られた時間で効果的に婚活をするには、希望条件を少なくしてたくさんの人に会うことが大切です。お相手に求める条件で妥協できること、譲れないことを決めましょう。

譲れない条件として男性は女性の出産、家庭的な面を希望することが多いです。女性は男性の誠実さと経済力を重視しています。また、前の結婚相手の苦手な性格や行動パターンを持たない人を自然と選ぶようです。希望条件を明確にすることは婚活の成功への近道になります。

まとめ

日本の離婚率は約35%で3組に1組は結婚後、離婚しています。離婚は珍しいことではありません。価値観や生活スタイルが合わなくて別れを選択する場合や、やむをえず離別しなくてはならないこともあります。婚活市場は未婚者だけでなく、バツイチの方の参加も増えています。

離婚を経験するとお相手が見つかるか心配になったり、再婚してまた失敗してしまわないか臆病になりがちです。それでもまた結婚をして幸せな人生を歩みたいと思う瞬間が訪れたら、婚活を始める良いタイミングです。バツイチで婚活に成功している人はたくさんいます。既婚歴があることは魅力の1つなので、負い目を感じずに新鮮な気持ちで婚活に励みましょう。再婚に求める希望条件はできるだけコンパクトにすると出逢いのチャンスが巡ってきます。婚活を成功させて最高の幸せをつかんでいきましょう。

すぐに諦めてネガティブにならないで

婚活をしていると上手くいかないこともあります。結婚するお相手はたった一人ですから、運命のお相手に巡り逢う中で失敗があるのは当然です。頭で分かっていても上手くいかないと落ち込んでしまって、婚活を諦めて辞めたくなることがあるかもしれません。婚活でネガティブになると何も良いことは起こらないので切り替えが大切です。

マイナス思考になると負の連鎖が起こりやすくなり、不幸を引き寄せます。素敵な縁談が飛び込んできても乗り気にならなくて、不安や心配で前に踏み出せなくなってしまいます。諦めたくなったときは、本当に辞めても良いか自分に問いかけてみてください。全力でできることをやりつくしてないなら、まだこれからです。失敗しても落ち込む時間を短くして、次に活かせるチャンスと捉えて前向きに行動しましょう。ポジティブな幸せ体質になることで、ゴールが近づきます。

女性は気をつける「上から目線」にならない

婚活中つい上から目線になっていませんか?女性はお相手のルックス、職業、年収、性格などを厳しく品定めしがちです。理想を高く持つことは良いことですが、婚活市場に全ての理想条件を持つ男性がいるか考えてみましょう。素敵な異性は人気が高く競争率が上がります。

また、お相手の男性もお見合いや交際を通じて貴方が結婚相手にふさわしいかを判断しています。口に出さなくても立ち見振る舞いや言葉遣い、服装などをこっそりチェックされているのです。今の貴方の姿は日々の積み重ねの結果です。お相手の目にどのように写っているかを意識して、魅力的な女性を目指しましょう。謙虚な心を忘れずに婚活に励んでください。

男性は気をつける「若い子だけ」の希望条件

男性の希望条件で若い子を対象にする方がたくさんいます。若い女性は華やかで綺麗なところがたしかに魅力的です。婚活で20代、30代前半の女性は人気があります。女性から年上男性の需要があっても、せいぜい10歳上までを限度とすることがほとんどです。男性から年下女性への所望があっても、歳が離れすぎていると女性からお断りされるケースがあります。

ただ、若い女性はずっと若いわけではありません。毎年歳を重ねていくとだんだん落ち着きが出て外見の変化ももちろんあります。結婚生活をする上で外したくない条件は年齢以外にもあるはずです。若さは魅力の1つですが、年齢のストライクゾーンを広げると婚活の展開も変わってきます。婚活を通じて希望条件に加えたくなるような女性の良いところにたくさん気づけるようになりましょう。

まとめ

婚活での失敗は一生懸命取り組んだときほどショックを受けるものです。ときに悔しさや悲しみを覚えて、辞めたくなることもあるかもしれません。しかし、諦めてしまうと自ら結婚の機会を逃すことになります。夢と同じように自分から逃げてしまってはいつまでも成婚を叶えることはできません。これで最後と決めつけずに失敗をしたときは振り返ってみましょう。どの部分がダメだったかを見直し、軌道修正することで次につながります。

お相手に求める希望条件も1つポイントです。つい高望みになりすぎていないか立ち止まって考えてみましょう。婚活カウンセラーにアドバイスしてもらうのもお勧めです。失敗を生かして実りのある婚活につなげましょう。

婚活コラム:婚活を成功させるには過去の失敗を生かしてみましょう

受身ではなくもっと自分からアクションを

婚活でお相手からのアプローチを待っていませんか?いつか素敵な出会いが訪れるかもしれないと漫画のようなドラマティックな展開を期待して受け身になっていては、婚活から卒業できません。自然な巡り合わせが全くないわけではありませんが、年齢を重ねると婚活市場ではどんどん不利になります。

今の貴方はあなたの人生の中で一番若く魅力が溢れています。自信を持って積極的にアクションを起こしましょう。そうすることで異性との出会いが増えます。お見合いや交際でも話しかけることでお相手をよく知ることができ、好意があることもしっかり伝えることができます。

交際中にお相手との進展を望むなら、意思があることをアピールしましょう。やらずに後悔するより、やって後悔する方が心残りは少なくなります。自分から行動を起こすことで結果として結婚につながるチャンスをつかめるでしょう。

婚活コラム

話す割合と聞く割合を意識する

お見合いやデートでつい話し過ぎていませんか?話すのが好きで夢中になって一方的に話したり、お相手が喋らないから気まずくならないように会話の主導権を握ることがあるでしょう。話す割合と聞く割合は3:7が良いと言われています。お相手の話をしっかり受け止め、上手く切り返す聞き上手な方が好ましいのです。

それでも話すことが苦手な人も一定数います。7割もお相手に話をしてもらうのが難しいと感じるときは、相手が話しやすい雰囲気をつくり、質問することで話し出すきっかけを作りましょう。お相手の話に興味を示したり、深く頷くともっと話してみたいと思ってもらうことができます。

話が盛り上がらないときも同様です。リードをお相手に任せっきりで、場が盛り上がらないと婚活は上手くいきません。楽しくないとお相手のせいにしてしまいたくなりますが、それはちがいます。どんどん喋りかけてくれる話し上手なお相手に出会えたらこのような心配は要りませんが、ここは婚活市場なので話し下手な人が多いと思ってください。

続きやすい会話を心がけたり、二人の会話を実りのあるものにするには、貴方の勇気が必要です。特にお見合いは一発勝負なので、お相手にもっと話してみたいと思ってもらえないことには続きません。異性との会話に慣れない方も話す機会を増やして積極的になってください。

相手を褒めることを忘れない

お見合いに来てくれる異性は貴方のプロフィール、写真を見て好意を持ってくれています。交際に進むお相手は貴方との結婚を真剣に考えています。どんなお相手であってもお見合いやデートに来てくれたこと、時間を作ってくれたことに感謝の心を持ちましょう。お見合いを重ねて気づくことは、思い描いていたようなお相手がすぐに表れず、受け身では進展がなかなか見込めないことです。それでも、お見合いでお相手に少しでも良い印象を抱いたら積極的に褒めてみましょう。

初対面では緊張してぎこちなくなってしまったり、本調子で話せないことがあります。貴方の一言でお相手が心を開いてくれたら会話が盛り上がり、お相手に対する印象が良くなる可能性があります。褒められるとお相手も嫌な気はしませんし、良い所を認められると嬉しくなります。お相手が自分に抱く印象もアップするので、褒めることには相乗効果があります。

交際に進むと成婚が少しずつ見えてきます。ついダメ出しをしたくなることがあるかもしれませんが、人は悪い所の方が目につくものです。成婚を望むのであれば、お相手の良いところをたくさん見つけて褒めてください。魅力に気づけることは素敵なことですし、お相手も真剣に向き合ってくれていると感じることでしょう。

言葉遣いやマナーで印象が変わる

婚活をするときに忘れないでほしいのが言葉遣い、マナーです。誰とでも笑顔で気持ち良くお話することはできますか?今の貴方のままでも近づいてきてくれる異性がいて、これまで断った経験がある方もいるかもしれません。なぜお断りしたか自分に問いかけてみましょう。

もっとふさわしいお相手が貴方にいるからではないでしょうか。誰でも良いから結婚したいと思う人はまずいません。ワンランク上のお相手との成婚を目指すには、良いお相手を見つけることに傾注せず自分磨きに力を入れましょう。素敵なお相手から選ばれるのに必要なものはずばり魅力です。気に入ったお相手に出会ったときだけ取繕うことはできないので、日々の積み重ねが大切です。

魅力があれば婚活なんてしていないと思われる方もいると思いますが心配要りません。あおぞらマリアージュでは会員様向けのマナー教室を開催しています。お相手に好印象を持ってもらえる話し方、立ち振舞いを中心にレクチャーします。お見合いやデートではもちろん、日常生活にも役立ちます。綺麗な言葉遣い、麗しい所作を身につけて内からどんどん美しくなりましょう。女性だけでなく、男性も自分磨きは効果てきめんです。素敵に映る貴方を異性がほっておけなくなります。

まとめ

婚活で成功するポイントは相手に好印象を持ってもらい、貴方を選んでもらうことです。最初の印象は特に肝心です。お見合いで出会うお相手は貴方のプロフィール、写真を見て好意的に思ってくれています。二人で会っているときは話し方やしぐさも見られていることを意識しましょう。

素敵なお相手に巡り逢えたら、絶好のチャンスを逃さないように貴方の魅力を最大限伝えてください。会話しやすい雰囲気を作り出し、美しい立ち振る舞いで印象付けましょう。異性に喜んでもらえる話し方、言葉遣い、気遣いはコツをつかめば実践できます。お相手に今まで出会ったことのない魅力的な異性と思ってもらうことができれば、次のステップにつながります。自分に自信を持って婚活を楽しみましょう。

婚活コラム:婚活で重要なのは...、まずは自分自身を知ること

自分をしっかりと分析

婚活をしているとどうしてもお相手のことを知りたくなります。趣味、性格、日常生活、好きなタイプ、自分への気持ちなど気になり始めるとどんどん興味が湧いてきます。婚活で見落としがちになるのが自己分析です。お相手を吟味する前にまず自分を見つめなおしましょう。

自分自身を知ることは婚活で成功を収める近道です。婚活を始めて第一関門になるのがプロフィールです。プロフィール作成はカウンセラーも協力しますが、プロフィールはお相手に自分を知ってもらう最初のきっかけです。お見合いや成婚につながりやすい内容にすることも大切ですが、現実とかけはなれた内容を書くのはお勧めできません。お見合いを組んでも交際に上手くつながらなくなってしまいます。貴方らしさを魅せてお相手の目にとめてもらうには自己分析が重要です。

プロフィール、写真を気に入ってもらえたら双方の希望でお見合いに入ります。お見合いでお相手に会って話せる時間は限られています。もし、タイプの異性とお見合いを組むことができたら貴方はどうしますか?お相手の話を聞くことも大切ですが、自分を積極的にアピールして良い所を知ってもらうチャンスです。

自分のことをよく知らないままでは上手く話せず後悔が残ります。自分はどんな人物であるか、お相手に求めていることは何か、どんな結婚望んでいるか...明確にすることで効率的に婚活に取り組み事ができ、貴方が持つ強みや改善点を見つけることができます。自分自身を知ることは結果的に短期でのご成婚につながります。

理想の結婚相手の条件を見つめなおす

貴方の理想のお相手はどんな人ですか?カッコいい、スポーツマン、趣味が合う、経済力がある、誠実な性格など様々な答えが出てくることでしょう。好条件の異性は歳を重ねるごとにどんどん少なくなるのが現状です。男性は特に若い女性を好む傾向があるため、歳をとると女性は不利になります。安定志向に切り替えて中庸を求める人もいますが、残念ながら考えていることはみんな同じでバランスの良い異性も人気です。

理想を持つことは素敵なことですが、婚活で条件を絞りすぎてしまうと出会いの機会を失うことになります。婚活で結婚相手に求める理想の条件は絶対にはずせない項目を除いておおらかでいることがポイントです。許容範囲を広げることでマッチングしやすくなり、お見合いのチャンスが増えます。

お見合いをして出会っていくなかで結婚するお相手はたった一人ですが、ご成婚を目指すならお見合いを組めるように積極的に働きかける姿勢が大切です。一回のお見合いで交際、ご成婚が決まることは滅多にありません。お見合いを重ねて二人で歩み寄り、素敵な人生をともに送れそうなお相手を見つけましょう。

結婚相談所カウンセラーの助言は最大のヒント

婚活を一生懸命頑張っていても不安になることがあります。結婚は今後の人生を左右する大きなターニングポイントです。早く成婚を決めたい反面、自分の選択が本当に正しいか迷うのも無理はありません。お相手が見つかるまでの活動期間は相手が見つからないことに焦りを感じ、お見合いに前向きになれないことがあります。

交際に進むと二人の仲が上手くいくか心配になったり、お相手の気持ちが真剣であるか気になりはじめます。成婚が近づくと幸せを目前にマリッジブルーに陥ることだって当然あるわけです。自分の気持ちが分からなくなったり、お相手に間違いはないか悩むことも出てきます。

婚活は一喜一憂の連続です。こんなとき婚活カウンセラーは貴方の心強い味方になってくれます。一人で悩んだり、我慢したりせずに相談しましょう。カウンセラーは婚活のプロです。不安の原因を見つけたり、悩みを解消するアプローチにつなげてくれます。幸せな結婚につながるアドバイスをカウンセラーがするのは職務であることはもちろん、心から幸せになってほしいと願う気持ちがあるからです。困ったときは結婚相談所のカウンセラーから助言を受けましょう。

まとめ

婚活では自分自身を見つめなおすことが大切です。自分の長所を知ることで自信を持ってPRすることができます。より良いお相手を見つけたいなら、短所を直し自分磨きにも力を入れましょう。異性の目に貴方が魅力的に映ると、お見合いの機会が増えます。お見合いをすると断ることもあれば、お相手から断られてしまうこともあります。途中で投げ出したくなったり、弱音を吐きたくなることが出てくるかもしれません。でも、決して諦めないでください。

結婚するお相手がどんな人でも構わないと思っていたら、悩んだり不安になったりすることはないでしょう。ネガティブな感情が出てきたら上手くいってないと思いがちですが、それは婚活に真剣に向き合い成婚が近づいている証拠です。不安になったり迷いが生じたら、結婚相談所のカウンセラーに打ち明けるのが一番です。

絶好のタイミングで行動できるように適切なアドバイスをしていきます。カウンセラーは貴方の婚活を全力で応援します。 婚活は長いようであっという間です。ご成婚までの期間を一緒に楽しみましょう。