当会員様だけにお伝えしている結婚相談所の仕組みと婚活のコツ

短期成婚を叶えるメソッドあおぞらマリアージュは短期成婚(半年~1年以内)に自信があり、半年以内での成婚者さんは82%(活動半年以内の成婚者÷全成婚者)、1年以内の成婚者さんは91%(活動1年以内の成婚者÷全成婚者)という成婚実績があります。※2017年7月実績

なぜ短期間で成婚できるのか・・?
それには秘訣があります。

決して無理やり成婚させている訳ではありません。
成婚者さん全員が素敵なお相手を好きになりご成婚されています。

素敵なお相手、好きになれるお相手を探し、成婚することは簡単ではありませんが、会員様には「あおぞらマリアージュのメソッド」をお伝えして、短期成婚を実現しています。

そのメソッドは5年以上の婚活を経験し、100人以上異性と会い、また多くの失敗を繰り返した私、茂木由理香が試行錯誤を繰り返し、自ら編み出したオリジナルのメソッドです。それを会員さんにお伝えしてたくさんの成婚者さんを生み出してきました。

1人ひとりの会員さんに合うやり方を加えながら柔軟に対応していくので、短期成婚のメソッドは婚活マニュアルではありません

結婚相談所の上手な利用方法、素敵なお相手を探すポイント、見極め方等々、実は婚活って本当にコツだらけなのを知っていますか?そのコツを知っているだけでも活動がしやすくなりますし、気持ちが楽に、前向きに活動でき、短期間で素敵なお相手とご成婚することができるのです。

通常は会員様にのみお伝えしている短期成婚のメソッドを、より多くの方の婚活に役立てていただければと思いお伝えすることにしました。

あなたが気持ちよく婚活ができ、一日も早く素敵な方と出会う秘訣をお読みください。

短期成婚を叶えるメソッド目次Point1 相談所探し
Point2 プロフィール・写真
Point3 お相手探し
Point4 お見合い・お返事
Point5 仮交際
Point6 真剣交際
Point7 成婚
アドバイザーから

Point1 短期成婚を実現するメソッド~相談所探し

カウンセラーさんとの相性、信頼感が大事!!

相談所探し多くの人はネットで結婚相談所を探します。ですので、よく目立つ広告や検索で上の方の結婚相談所にお問合せをすると思います。そうなると、やはり大手結婚相談所になることがほとんどでしょう。

結婚相談所の評判サイトも広告の一種なので、それを見ても正しい評判はわからないんですね。だからと言ってネット検索をし過ぎて、ありとあらゆる結婚相談所のカウンセリングを受けて良い所を探そうとしても、現在結婚相談所は何千社もあるので、結婚相談所探しで時間がどんどん過ぎ去ってしまいます。

もしかしたらその月日の間に良い方とご縁があったかもしれないですよね。時間を無駄にすることは婚活ではとってもマイナスなことなのです。1歳でも若い方が有利な婚活の世界で1年も2年も結婚相談所探しをするのは本末転倒です。それに本当に評判の良い結婚相談所は広告を一切出していませんから、見つけるのが大変です。

じゃあどうやって結婚相談所を探せば良いのか?
まず結婚相談所のブログをいくつか読んでみてください。その中で会ってみたい、この人の考え方合うかも、と思うカウンセラーさんの結婚相談所でカウンセリングしてもらいましょう。

そこでそのカウンセラーさんが信頼できそう、相性が良さそうと思ったなら(直感で感じたなら)入会して良いと思います。1回で決めることに不安に感じるかもしれませんが、結婚相手と同じで直感的に良いなって感じることってとっても大事なのですよ。

もしそのカウンセラーさんに対して直感的に信頼できそう、相性良さそうと思えなかった場合は、ほかに2社ほど見てみると良いでしょう。

多くても3社以内で決めるのがポイントです。あまりにもいろんな所に行って話を聞いても混乱するだけです。
辿り着いた結婚相談所があなたにとってご縁があった結婚相談所なのです。

Point2 短期成婚を実現するメソッド~プロフィール・写真

お写真は自分目線ではなく、異性目線で選びましょう

プロフィール・写真結婚相談所にご入会をしたら、プロフィール作成とお写真の撮影をします。このプロフィールとお写真であなたの今後の人生が決まるものですから、大事に作成してください。

プロフィールはブランクをできるだけ入れないようにしましょう(本気度が低いと思われます)。自己PRも短すぎず、長すぎず、お相手から選ばれることを意識しながら、自分らしさも書いていった方が良いです。

選ばれることも、もちろん大事ですが、自分を偽って書いてしまうとお見合いから交際につながらなくなるので、「あなたらしさも載せて」と私は会員さんに言っています。

もしそのプロフィールでお見合いが組みにくい場合は、より選ばれるようにプロフィールの内容を変えていくこともしますが、最初は自分らしさを書いていく方が気分も良いですよね。

そして載せるお写真ですが、本当に本当に写真は大事です。
写真のイメージでお見合いにつながるかどうか決まります。

写真撮影のときには、できれば担当カウンセラーさんに同行してもらえれば良いです。自分目線より他人目線で選ばれる写真を載せた方が良いからです。(どうしてもお写真撮影同行してくれない結婚相談所でしたら、カメラマンさんやメイクさんの意見を聞いてお写真を選んでください)

写真が実物と別人になるほど盛ったり、加工するのは良くないですが、普段以上に映る写真を選ぶのが良いです。良い写真を撮ると、「私こんなにキレイになれるんだ、写真のようになるために、もっとメイクやオシャレ、ダイエットも頑張ろう」と思えてくるのです。

今以上に素敵になろうと思うことはとても大事なので、プロフィール写真をそのキッカケにして、さらにキレイになっていきましょう

Point3 短期成婚を実現するメソッド~お相手探し

白馬に乗った王子様(希望のお相手)は向こうからは来てくれません。
自分から探しに行きましょう。

お相手探しプロフィールを作成しお写真も用意ができたら、いよいよ活動スタートです。早速お相手探しをしましょう。

お相手探しの大事なポイントです。
素敵な異性からのお申し込みを期待して待たないで、自分から積極的にお申し込みをすることです。

結婚相談所の男女比は4対6です。

【結婚相談所で男性が少ない理由】
10年前位までは男性の方が多かったが、年々結婚したい男性が減っている。出会い系、ネット婚活では男性が圧倒的に多い(彼女はほしいが結婚をしたくない男性が増えている)。また男性の年収や正社員が減ってきているため、条件的に結婚相談所に入会できない男性が多くなっている。

この4対6って実はけっこうな差なのです。
数字だけ見ると男性1人あたりに女性が1.5人ですが、自分が良いなと思う男性はほかの女性も良いと思うので、実際は男性1人あたりに2倍以上の女性の数になっているように思います。

男性は登録すれば、女性からお申し込みがたくさん来ますが、女性は自分からお申し込みをしないと婚活は厳しいものになります。逆に自分から積極的に活動しさえすれば、活動はうまくいきやすいです。

そしてお相手探しのもう一つのポイントは、異性のプロフィールとお写真からイメージを作り過ぎないことです。お相手選びは、選ぶ基準を広げて広げてお相手探しをしてください。

お相手探しで選び過ぎて、プロフィールイケメン(実物よりもプロフィールの方が良い男性)にばかりお申し込みをして、お見合いでガッカリきたと言う話をよく聞きます。まだお会いしてもいないお相手をプロフィールのイメージだけで決めるのは、良い方と出会うチャンスを狭めることになります。

特に最初は自分がどのような方と合うのか、どのようなお相手を希望しているのかわからないことが多いです。ですから決め過ぎず、選び過ぎず、より多くの方と出会っていくことが成婚への近道なのです。

最初はあまり深く考えず、いろんな人に会ってみよう・・くらいの気持ちでお相手探しをしてみてくださいね。後になって「あのとき、いろんな人にお申し込みしておいて良かった」と思えるときが必ず来ますからね。

Point4 短期成婚を実現するメソッド~お見合い・お返事

お相手に期待しない、断ることに罪悪感を持たないこと

お見合いについてお見合いお見合いが成立しますと、担当カウンセラーがお見合いの日程調整をします。

お見合いの日程調整は1週間以内というルールがありますが、できるだけ早い方がいいです。お見合いの日程調整をなかなかしてくれないお相手だったりするとあなたもテンション下がりますよね。

またお見合いの日時をあまり先にしてしまう(1ヶ月以上先)とテンションが下がるので1,2週間以内で希望を出してくださいね。

お見合いの日程が決まりましたら、プロフィールをしっかり読んでおいてください(特に男性)。しかし、プロフィールからお相手へのイメージを作り過ぎない方がよいです。

これもよくある話で、プロフィールが素敵だと思うお相手だと期待をしてお見合いに行ったところ、実際会ってみて「思っていた人と全然違っていました。」とガッカリする会員さんを何度見てきたことでしょう。

また逆に「あまり良いと思っていない人とお見合い成立してしまって、お見合いが楽しみって感じじゃないんです。」という会員さんが、会ってみたらとっても良いお相手だったということもよくあります。(このパターンで成婚になっている人は多いです。)

期待値は上げると、それ以上じゃないと良いと思えないものですから、しっかりプロフィールは読むけれど期待を乗せないことがポイントです。

お相手に期待してお見合い後ガッカリするより、期待しないで行って、お見合い後に意外と良かったと思う方がお見合いを楽しめるはずですよ。

お見合いのお返事についてお返事お見合いのお返事で悩む女性は本当に多いです。男性はさくさくお返事が決まるのですが、女性はとにかく悩みます。

私からのアドバイスは「悩むくらいなら止めたら?」です。

これを言うとみんな驚きます(特に別の相談所で活動していた経験がある人)。というのも多くのカウンセラーさんは「悩むくらいならもう一度会ってみたら?」と言うからです。

でも、それってあまり意味がないのです。悩むのは、そこまでと思っていないから。
「もう一度会えば良いと思えるかも・・」
「もう一度会えば違った良い一面を見つけられるかも・・」
「もう一度会えば自分の気持ちも変わるかも・・」

全て違います。
一度会って次また会いたいかわからない人は、次に会っても良いと思わないのです。(100%ではないですが98%くらいそうなります。)

特に女性は好きでも嫌いでもない人を断ることを苦手とします。だから私は「悩んでいるなら断ればいいよ。」と言います。そうするとほとんどの女性は「断っていいんですね、気持ちが楽になりました。」って言います。断ることに罪悪感を感じていただけなのですね。

でも逆にお相手とまた会いたい場合は「いや・・でもやっぱりもう一度会ってみます。」と言います。私が止めたらと言って止めるくらいの人なら、いつかお断りすることになるでしょうし、どこか気になるお相手だったら、周りが止めたらと言っても会うのです。

ですから私は遠慮せずに、「悩んでいるなら止めていいよ。何人断ってもいいんだよ。」って言っています。

プロフィールではお相手を広げて、お見合いでは絞る、これが短期成婚に繋がりやすくなる秘訣です。

婚活が長引く最大の理由は、そこまで思えない人と無理して交際をして、何度もお会いしてお相手の良い部分を一生懸命探して、やっぱり好きになれないと交際終了してしまうことで時間と労力がかかる上に無理に好きにならなきゃいけないと思い込み(好きになれないと苦しみ)婚活が嫌になってしまうのです。

「良いと思えない感覚は変わらない。」
そこに罪悪感を感じる必要はないのですよ。

会員様からよく言われる言葉ですが「若くもない、美人でもない私に好意を持ってくれた人を断るなんて・・・」と。そんな風に思わなくていいんですよ。あなたがどう思うかが大事なのですよ。

Point5 短期成婚を実現するメソッド~仮交際

一緒にいて居心地良いかもと思う感覚を大事にして

仮交際お見合い後に双方がもう一度お会いしたいと思われた場合、仮交際に進みます。仮交際に進んだということは、多少なりとも良いなと思えたお相手だということです。

仮交際になると直接連絡先の交換をします。お2人で連絡を取り合って、積極的にお会いしていきましょうね。

ここで大事なポイントは最初の2、3回は頻度よく会うことです。
ほかにもお見合いが入っていたりもすることもあるので、交際になったお相手と頻度良く会わないと忘れてしまいそうになります。実際にうまくいく2人ほど、テンポよく会えています。忙しいとは思いますが、お会いする時間を作り、デートを楽しんでくださいね。

その中で、お相手とのデートに行くのが気が進まないと思うようになったら交際終了してください。お見合いのお返事のときとも似ていますが、お相手をなんとか好きになろうとして気が進まないのに会おうと無理をする人がいます。

お相手に3回ほど会っていくと自分のお相手への気持ちが見えてきます。気持ちが向いていないと気付いたなら、早めに終了しましょう。
「またお見合いをしていかなきゃ・・」と悩むかもしれませんが、気が進まないお相手とデートを重ねるよりも、相性が合う人を探していった方が前向きな気持ちになれるはずです。

逆に2、3回会って「この人悪くないかも、居心地いいかも。」と思えたのでしたら、そのお相手は大事にしていきましょうね。活動をしていくとわかるのですが、一緒にいて疲れない、居心地いいかもと思える人はそうそういないものです。

お会いしていく中で徐々に敬語をなくしていく、下の名前で呼び合うなど距離を縮めていきましょう。結婚について、自分の気持ちや家族のことなども話し合えると良いです。

ここまできたら真剣交際を意識して良い時期です。

Point6 短期成婚を実現するメソッド~真剣交際

結婚が叶いそうになると逆に不安になっていく

真剣交際交際しているお相手を1人に決め、真剣交際に進んでいきます。ほとんどは男性から「そろそろ真剣交際に進もうか?」という話をして、女性がお受けするケースが多いです。

真剣交際になったら、より具体的に結婚について話し合っていきましょう。
また以下のことを話し合ったり、進めていきます。

  1. 双方のご両親へのご挨拶にいく(結婚を前提としてお付き合いしていることのご報告)
  2. 住む場所を決める・探し始める
  3. 婚約指輪を見に行く

真剣交際はとっても大事な時期です。
1、2、3のことを進めていく中で今まで見えなかったお相手の部分が見えてきて、本当にこの人と結婚して大丈夫なのか?不安になる人も多いです。

今まで漠然と結婚したいと思っていたけれど、いよいよ結婚が現実的なものになってきた。そうなるとなぜか、今までの生活や環境を捨て、親とも離れ、新しい生活に飛び込まなきゃいけないと思い(実際は捨てることなどほとんどないのだけれど)、本当に大丈夫だろうか?寂しい気持ちや不安な気持ちが出てきやすくなります。

これはあなただけじゃないですから、あまり考え過ぎないでください。

でもね「案ずるよりも産むが易し」のことわざどおり、実際一緒に生活してみたら「あの頃なんであんなに悩んでしまったのだろう・・」というくらい楽しい結婚生活を送れるようになります。

そして真剣交際中の女性の悩みは、活動中の女性からすると羨ましすぎるくらいの悩みなのです。今あなたが望んでいた結婚が目の前に来ていることは、あたりまえのことじゃないのですよ。この時期に不安をお相手にぶつけ過ぎたり、お相手に多くを望み過ぎてしまわないことが大事です。(それが原因でお相手から成婚前に交際終了を申し出されるケースがたまにあります。)

結婚はタイミングがとっても大事です。
お相手を待たせ過ぎず、成婚へ進みましょうね。

Point7 短期成婚を実現するメソッド~成婚

気持ちに余裕が出て活動を振り返られるようになる

成婚不安な真剣交際の時期を乗り越え、男性からプロポーズをお受けしましたら、無事にご成婚となります。おめでとうございます。

成婚になって、初めて気持ちに余裕を持ってご自身の婚活を振り返れるようになります。
あの頃は辛かったけれど、諦めないで良かった。
途中で止めていたらお相手と出会えていなかった。
一生懸命やったことって必ず報われると気づくことでしょう。

そして長いと感じていた婚活が1年以内であっという間だったと気付きます。なんであんなに辛かったのだろう・・・と大変だった記憶も消えてしまう人もいます。

ですがここがゴールではありません
今後は大切なお相手と一緒に一歩ずつ進んでいきましょう。

最後にアドバイザーから

アドバイザーから私がこの仕事をしていると、やっぱり神様っているのかもしれないと思います。それは前向きに一生懸命活動をやっている人ほとんどが素敵なお相手を見つけ幸せになっているのを見てきているからです。

だから諦めないでほしいと思います。辛いときは担当カウンセラーにぶつけていいですよ。どんなこともできる限り受け止めますから。

一見婚活に関係ないような悩みや不安でも話してくださいね。そこに何か原因があることもあるのです。そしてあなたの気が向かない方向に進めることもしません。(アドバイスを押し付けません)
あなたが少しでも前向きな気持ちになれるよう、お手伝いします。

成婚して幸せそうな会員さんの笑顔を見るのが私達の喜びです。
一緒に頑張ってきて良かったねと言える日まで、諦めないで進んでいきましょうね。

成婚されたあとも、何かあればご連絡ください。
お2人の幸せを陰ながらずっと応援しています。

最後に成婚される会員さんの特徴をお伝えしますね。

正直に自分の気持ちを言える、何かあったらすぐに相談してくれる、うまくいかないときも前向きな気持ちを忘れない、忙しくても婚活を優先しようとする、約束を守る、感謝の気持ちを持っている

担当カウンセラーを信じて一緒に楽しい婚活をしていきましょうね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

当相談所ではどのカウンセラーも短期成婚メソッドに基づきアドバイスをしており、カウンセラー同士でサポートし合い、多くの短期成婚者様を生み出しております。

あおぞらマリアージュ 茂木 由理香

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)
  • 婚活無料相談テスト