ちょっと待て!そのLINEのアイコン、やばくない?~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。一年以内の成婚をかなえる結婚相談所あおぞらマリアージュです。

こんにちは!
チーフカウンセラーの弘平谷です。

いつも女性会員さんに、お料理は頑張ってね!カジュアル写真に載せられるくらいの美味しそうなお料理、作ろうね!って言ってる割には最近自分がサボり気味だってことに気付き自己嫌悪に陥ったので、思い立って6品くらい作って食卓に並べたら、家族に「ありがとね。美味しい!でも極端!」と満面の笑みを返され、これからはちゃんと作ろうと反省したのは今夜の話です。

さて、今日はタイトルの通り、LINEのアイコンについて考察したいと思います。
...って、婚活に関係ある?って話ですが、これ、確実にあるんです。

常日頃から会員さんのLINEのアイコンを見ていて思っているんですが、男性も女性も、こだわりすぎるのも良くないし、適当すぎるのも良くないなと感じます。

仮交際に発展した異性のアイコン見て、正直少し違和感を感じたことってないですか?

ちなみに、私が思う男性がやめた方がいいアイコンTOP3

その1 「自撮り」

なんで男性の自撮りって真顔なんでしょう。
女性からしたら「この人自分のことカッコいいと思ってそう...」って正直ちょっと引いてしまいます。

私の会員さんは入会時にものすごいキメ顔の自撮りアイコンで送ってこられたので、申し訳ないけれどダメ出しさせていただいたところ、ちゃんと晴れた日に外でお友達に協力してもらって笑顔の写真を撮って来られました。
素直な心です。しかも、こういう柔軟性ある方は、婚活もそんなに苦労しない印象です。

その2 「アイコンの下に一行の名言」系

「人間万事塞翁が馬」とか。
「Love dies only when growth stops.」とか。
確かに仰る通りだと思う!そうですよね!
だけど、そこで自己主張するのは女性としては好き嫌いあるし、結構性格的にこだわりありそうな人って思われる可能性があるので気をつけて頂いた方がいいかもしれません。

その3 「アイコンとは別に、本名と登録の名前が違う」系

結婚相談所で活動すると決めたら、本名が「山田太郎」なのに「T」とかは出来ればやめた方が無難です。
なぜかというと、真面目に結婚相談所で婚活してる女性からしたら「本名じゃないなんて、もしかしてこの人同時進行でアプリとかやってるんじゃ...」って思われてしまうからです。
せめて下の名前だけでも本名(できれば漢字)で、の方が安心感を与えられると思います。

仮交際に入り、女性は男性のアイコンを見て「かっこいい!」とは思いませんが、え、引く...とか、なんか違和感...とかは結構あるように思います。

せっかくの仮交際、そこでマイナスからのスタートはあまりにも勿体ないので、思い当たる方は旅行先の風景写真だったり、ご実家のペットの写真だったり、たわいないイラストだったり、スポーツやってる時の姿だったりに変えたほうがいいように思います。

逆に女性の方も気を付けてください。

ほぼ加工してない笑顔の写真が最強なんですが、それだと自意識過剰っぽくてちょっと抵抗がありますという方は、お花、スイーツ、風景、小さく映った旅行先での後ろ姿、ペットあたりが最適です。

逆に望ましくないのは、お見合い写真とあまりにも乖離してる姿(過去にサングラスかけてハワイの海辺でイェーイってしてる女性の会員さんがいらっしゃいましたが、速攻変えてもらいました)です。
ちょっとギャルっぽい格好して加工気味の写真もやめた方がいい案件です。
あとは派手なネイルのアイコンとかもできればやめた方が無難。

女性の場合はいったん客観的に自分のアイコンを見てみて、「穏やかそう?優しそう?明るそう?誠実そう?モテそう?」と自問自答してみると良いと思います。

結婚したらいくらでも好きなアイコンに変えられますし、とりあえず婚活に集中してる間だけは異性から見てどう思われるかを考えてLINEのアイコンを設定するようにしてみてはいかがでしょうか?

将来誰かと真剣交際に入ったら、お相手のご両親とLINEを交換することだってあるのです。
その時のことを想像してみて、これなら大丈夫!って思える感じでいきましょう。

婚活は楽しみながら、時に軌道修正しながらがポイントです!

lll.jpg


ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

PageTop