結婚相手の条件は「家事」!?~銀座の結婚相談所、婚活ブログ~

成婚率に自信があります。1年以内の成婚を叶える結婚相談所あおぞらマリアージュです。

あおぞらマリアージュの齊藤です。
結婚したいと思っている女性の皆さん、お相手にどんな条件を求めていますか?

私の実感では、
清潔感のある見た目、
年収500万円以上、
家事・育児を一緒にやってくれる、
という3つをあげる女性が多いように思います。

確かにこの3つがそろっている男性って魅力的ですよね。
しかし、500万円以上を稼ぐ30代男性はとても少ない、という話を皆さんも一度は聞いたことがあると思います。
IBJには年収500万円以上の男性も沢山登録していらっしゃいますが、やっぱり人気です。
その上、清潔感のある見た目がプラスされると、めちゃくちゃ人気の男性!!ということになり、
女性の年齢が上がってくると、そういう男性とお見合いを組むだけでも一苦労になってしまうこともあります。
そしてようやく年収が高く、清潔感のある男性とお見合いを組めたとしても、
ライバルは自分より若くて、めちゃくちゃ可愛い女性たちだったりして、なかなか選ばれない現実...。
婚活は辛くて、厳しいです。

この現実を勝ち抜くために自分磨きを頑張っている女性たちを、私は心から応援していますが、
もうひとつ忘れて欲しくないのが、「家事」をする男性、というポイントです。

既婚女性の平日の家事の時間は、2〜3時間と答える方が最も多いのに対し、
同じく2〜3時間平日に家事をする既婚男性は6%しかいない、という調査結果もあります。
長時間労働で家事をしなくちゃと思いながらも出来ない、という男性側の事情もあるでしょうが、
家事を平等に分担してくれる男性は、日本ではまだまだ少ないのが現実です。
子供の頃からの家事の練習が足りていなくて、家事スキルがない男性がまだまだ多いのも現実です。

私の個人的な実感で申し訳ないのですが、
幸せそうで、自分たちでも「うまくいっている」「幸せ」とおっしゃるご夫婦は家事分担がうまくいっているという印象があります。
私も結婚してから、夫が家事をやってくれることが、こんなに!?と自分でもびっくりするほど嬉しいことがあります。

疲れて帰ってくると、夫の方が早く帰っているのに、ソファーでスマホゲームをしている。
その上「おかえりー。ご飯、簡単なものでいいよー。」
と言われて、疲れが3倍になったと愚痴を言っている友人もいます。

結婚してからの妻の幸福度に、夫の家事分担というのは大きく関わるのではないでしょうか。


家事の大切さと大変さをわかっている、
無償労働だとしても、家事はお給料をもらえる仕事と変わらず価値があると思っている、
妻が笑顔になるなら、面倒でも家事をやりたいと思う、
男性が家事をすることを情けないことだとはこれっぽっちも思わない、
という男性がもしいたら、
年収より、清潔感より、私はこの男性を婚活女性にオススメしたくなってしまいます。

年収は2人で工夫すれば増えることもあります。
清潔感は、女性がお洋服や髪型をプロデュースしてあげれば身につけられることもあると思います。
しかし、染み付いた性別による役割分担意識を変えるのは、とてもとてもとても大変です。


婚活女性の皆さん、ぜひ、交際相手の家事に対する意識を探ってみてくださいね。
婚活男性の皆さん、年収をすぐにあげるのは大変ですが、家事スキルなら今日から練習できますし、婚活をする上でとても強い武器になりますよ!
思っている以上に、女性は家事のできる男性を素敵だと感じますから。

B63BF6F9-DCC2-4BA5-B81B-DCC87B13C3AC.jpeg

ご入会相談はコチラから男性相談女性相談

あおぞらマリアージュの成婚を叶えるオリジナルメソッドを
無料にてダウンロードでお渡ししています。コチラからどうぞ↓↓

成婚を叶えるオリジナルメソッド

婚活カウンセラー茂木由理香が婚活時代に実際してしまった失敗談、婚活で出会った個性的な男性たちに(女性も)ついて書いてます↓↓
pic_shikujiri2.jpg
「私の婚活しくじり日記メルマガ」こちらから無料登録してお読みください。

PageTop