Point5 短期成婚を実現するメソッド~仮交際

一緒にいて居心地良いかもと思う感覚を大事にして

仮交際お見合い後に双方がもう一度お会いしたいと思われた場合、仮交際に進みます。仮交際に進んだということは、多少なりとも良いなと思えたお相手だということです。

仮交際になると直接連絡先の交換をします。お2人で連絡を取り合って、積極的にお会いしていきましょうね。

ここで大事なポイントは最初の2、3回は頻度よく会うことです。
ほかにもお見合いが入っていたりもすることもあるので、交際になったお相手と頻度良く会わないと忘れてしまいそうになります。実際にうまくいく2人ほど、テンポよく会えています。忙しいとは思いますが、お会いする時間を作り、デートを楽しんでくださいね。

その中で、お相手とのデートに行くのが気が進まないと思うようになったら交際終了してください。お見合いのお返事のときとも似ていますが、お相手をなんとか好きになろうとして気が進まないのに会おうと無理をする人がいます。

お相手に3回ほど会っていくと自分のお相手への気持ちが見えてきます。気持ちが向いていないと気付いたなら、早めに終了しましょう。
「またお見合いをしていかなきゃ・・」と悩むかもしれませんが、気が進まないお相手とデートを重ねるよりも、相性が合う人を探していった方が前向きな気持ちになれるはずです。

逆に2、3回会って「この人悪くないかも、居心地いいかも。」と思えたのでしたら、そのお相手は大事にしていきましょうね。活動をしていくとわかるのですが、一緒にいて疲れない、居心地いいかもと思える人はそうそういないものです。

お会いしていく中で徐々に敬語をなくしていく、下の名前で呼び合うなど距離を縮めていきましょう。結婚について、自分の気持ちや家族のことなども話し合えると良いです。

ここまできたら真剣交際を意識して良い時期です。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)
  • 婚活無料相談テスト