Point4 短期成婚を実現するメソッド~お見合い・お返事

お相手に期待しない、断ることに罪悪感を持たないこと

お見合いについてお見合いお見合いが成立しますと、担当カウンセラーがお見合いの日程調整をします。

お見合いの日程調整は1週間以内というルールがありますが、できるだけ早い方がいいです。お見合いの日程調整をなかなかしてくれないお相手だったりするとあなたもテンション下がりますよね。

またお見合いの日時をあまり先にしてしまう(1ヶ月以上先)とテンションが下がるので1,2週間以内で希望を出してくださいね。

お見合いの日程が決まりましたら、プロフィールをしっかり読んでおいてください(特に男性)。しかし、プロフィールからお相手へのイメージを作り過ぎない方がよいです。

これもよくある話で、プロフィールが素敵だと思うお相手だと期待をしてお見合いに行ったところ、実際会ってみて「思っていた人と全然違っていました。」とガッカリする会員さんを何度見てきたことでしょう。

また逆に「あまり良いと思っていない人とお見合い成立してしまって、お見合いが楽しみって感じじゃないんです。」という会員さんが、会ってみたらとっても良いお相手だったということもよくあります。(このパターンで成婚になっている人は多いです。)

期待値は上げると、それ以上じゃないと良いと思えないものですから、しっかりプロフィールは読むけれど期待を乗せないことがポイントです。

お相手に期待してお見合い後ガッカリするより、期待しないで行って、お見合い後に意外と良かったと思う方がお見合いを楽しめるはずですよ。

お見合いのお返事についてお返事お見合いのお返事で悩む女性は本当に多いです。男性はさくさくお返事が決まるのですが、女性はとにかく悩みます。

私からのアドバイスは「悩むくらいなら止めたら?」です。

これを言うとみんな驚きます(特に別の相談所で活動していた経験がある人)。というのも多くのカウンセラーさんは「悩むくらいならもう一度会ってみたら?」と言うからです。

でも、それってあまり意味がないのです。悩むのは、そこまでと思っていないから。
「もう一度会えば良いと思えるかも・・」
「もう一度会えば違った良い一面を見つけられるかも・・」
「もう一度会えば自分の気持ちも変わるかも・・」

全て違います。
一度会って次また会いたいかわからない人は、次に会っても良いと思わないのです。(100%ではないですが98%くらいそうなります。)

特に女性は好きでも嫌いでもない人を断ることを苦手とします。だから私は「悩んでいるなら断ればいいよ。」と言います。そうするとほとんどの女性は「断っていいんですね、気持ちが楽になりました。」って言います。断ることに罪悪感を感じていただけなのですね。

でも逆にお相手とまた会いたい場合は「いや・・でもやっぱりもう一度会ってみます。」と言います。私が止めたらと言って止めるくらいの人なら、いつかお断りすることになるでしょうし、どこか気になるお相手だったら、周りが止めたらと言っても会うのです。

ですから私は遠慮せずに、「悩んでいるなら止めていいよ。何人断ってもいいんだよ。」って言っています。

プロフィールではお相手を広げて、お見合いでは絞る、これが短期成婚に繋がりやすくなる秘訣です。

婚活が長引く最大の理由は、そこまで思えない人と無理して交際をして、何度もお会いしてお相手の良い部分を一生懸命探して、やっぱり好きになれないと交際終了してしまうことで時間と労力がかかる上に無理に好きにならなきゃいけないと思い込み(好きになれないと苦しみ)婚活が嫌になってしまうのです。

「良いと思えない感覚は変わらない。」
そこに罪悪感を感じる必要はないのですよ。

会員様からよく言われる言葉ですが「若くもない、美人でもない私に好意を持ってくれた人を断るなんて・・・」と。そんな風に思わなくていいんですよ。あなたがどう思うかが大事なのですよ。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)
  • 婚活無料相談テスト